MONSTER HUNTER WORLD

2017.10.22 *Sun
周知のとおり、去る6月の「E3 2017」、9月のソニーカンファレンスにて、モンスターハンターワールドの発売及び発売日(2018年1月26日)が発表されました。ナンバリングタイトルに匹敵するソフトの据置PSでの発売は、遡ること2006年2月発売のドスからなんと約12年の時を経ています。
ドス(末期)がホームであった当時の私の記憶では、多くのユーザーがPS3での次回作の発売を心待ちにしていたように記憶しています。しかし、期待とは裏腹にMHシリーズが向かった先は、パソコンのMHF、PSPのMHP2Gでした。
時代の流れにも乗り、MHは、ネットゲーム、ポータブルゲームとして一気に日本を代表するゲームブランドに躍進しました。ソフトの売り上げもさることながら、F、P2Gともにプレイヤーのゲームプレイ時間が数百時間から数千時間となるケースが一般的となり、ゲームに対するのめり込み具合においても他のタイトルとは一線を画すシリーズとしての地位を確立し、その後のMHシリーズの展開に大きな影響を与えました。
F、P2Gの成功の要因は、遊び方を長時間プレイ、短時間でもプレイの2パターンに分けたことがあげられそうです。
ヘビーユーザーには、アップデートと課金の循環で飽きさせず長期に亘って遊べるFを提供し、ライトユーザーには気楽にどこでも皆で短時間でも長時間でも遊べるP2Gを提供したことがあげられるでしょう。
ベースは同じながらも、シリーズを二極化することで成功を収めたと言い換えることができると思います。
この2作品の登場によって、初代MHからMH3のような据置ゲーム機での作品は、内容ではアップデートで進化するFに敵わず、ポータブルのような気楽さもなく、2作品の発売後はFとPの中間のような内容の作品にしかならず、収益面でも開発を続けるに値しないと判断されたのだと思慮されます。
初代路線はFに、ポータブルはドル箱としてそれぞれ発展してきましたが、時代は流れるもの。
P2G発売から約10年、当時は存在しなかったスマートフォンが急速に広まり、今では一人一台、PSP以上の端末を持つ時代になり、Pの優位性であった持ち運びは、専用のゲーム機を持たなければプレイできないデメリットともなりえるようになりました。簡単な操作で手軽に遊べる新しいゲームが次々に登場し、コンシューマーゲームが売れない時代ともなりました。
Fにおいては、飽きやマンネリ化が蔓延し全盛期と比べればすっかり過疎化しているようです。
携帯ゲーム機での売り上げは、まだまだ顕在といえる高水準ではあるものの、変革の節目が来ていると考えるのは自然な状況となっているようにも思われます。

そんな中、当時、夢に見ていた据置PSでの完全新作MHが遂に登場する。
歴史は繰り返すとも言いますが、このブログもMHブログに戻るのか。
正直なところ、旧作をプレイしすぎたせいか発売か程度にしか思えず、楽しみにしているとも言い難い心境ですが、当時10代後半、20代だったプレイヤーが30代、40代になってどのくらい戻ってくるのか別の意味で期待したいですね!
スポンサーサイト
CATEGORY : MHW
DATE : 2017/10/22 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ふるさと納税 2017

2017.10.15 *Sun
今年のふるさと納税も限度額まで使い切り、お礼の品もすべて届きました。
総務省から3割ルールが通達され、納税者としては、「は?」という感想しか出ないのではと思ったのですが、それはさておきましょう。

昨年は初のふるさと納税で2先に納税を行い、包丁3本をもらいました。
今年は4先に納税し、その中でも予想外に気に入った返礼品があったので紹介します。

埼玉県 飯能市 の 「La Route du Sel【ラ ルートゥ・ドゥ・セル】」(寄付金額15,000円)
https://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/item_detail/11209/222671

商品名だけでは何かわかりませんが、リンクを見ていただくと分かるとおり岩塩(7種)とミル(1個)のセットです。
公式サイトでは、6,912円(税込)、検索上位で引っかかったサイトでは、サッポログループネットショプにて、4,968円(税込)で販売しています。
総務省が3割ルールを通達する前なら10,000円クラスかなと思う返礼品ですが今は昔です。

さておき、この返礼品のお気に入りポイントですが、見た目に美しいのは言わずもがな、実用性もかなり高い。
私の認識では「岩塩といっても、所詮塩、大きく味が変わることはないだろう。」程度でしたが、比べてみると大間違い。
例えば、セットの中の1種「セル、ドゥ、ガンダーラ」は、味わいの始まりから終わりまでまろやかな旨味がしっかりと口に広がります。一般的な食塩の単なる辛い(しょっぱい)という感覚とは異なるものです。
感覚としては、味の素のアジシオのように付加された美味しさが備わっているように感じました。
また、沖縄の雪塩と比較しても舐めてから少し時間をおいてほのかな塩味を感じられる点と、瞬間から明確にまろやかな旨味が感じられる点が大きく異なります。
共通点は、もちろん一定量を超えると辛いということです。

塩の使い分けには経験が要求されそうですが、すぐに思い浮かぶこの岩塩の用途は、魚の塩焼きというよりもムニエル、その他フライドポテトにとてもマッチしそうです。

そんな「塩」について、日本の塩事情を考えてみると、平成14年4月1日から塩事業に関する規制が撤廃されています。
規制撤廃前までは、製造、輸入、販売等が今のように自由にできない時代でした。
約15年前までは、規定品以外の塩を気軽に手に入れることが難しく、海外産の岩塩もほとんど一般販売がなかった時代で、それゆえに日本の一般家庭では塩に対する知識が豊かになることはなかったのではないかと想像します。
(15年前、私は塩について考えたことも、スーパーの商品棚の記憶も全くないので、単なる想像ではありますが。)

調味料といえば単に「さしすせそ」ではなく、これからは、更に細分化して各調味料の種類と特性を知ることでより食が楽しめるのではないかとの新たな発見がありました。
その発見ゆえに今回の返礼品の中でも特にお気に入り商品となりました。

とはいえ、アジシオ、雪塩、ザ・食塩、7種の岩塩を使い分けるのは面倒すぎますね。笑
CATEGORY : 未分類
DATE : 2017/10/15 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

称号制覇

2017.09.13 *Wed
トロコンをしたドラクエ11
次は、ゲーム内の称号を制覇だ!と意気込んだのですが、カジノ関連が厳しい。
中でも、ポーカーの「ロイヤルストレートスライム」と「ダブルアップ10連続成功」が非常に厳しい。
ゲームなので確率はどうなっているのかわかりませんが、1回交換の場合、そろう確率は0.0012%程度のようで、1000回ぐらい回せば成立するようです。
どうも、ルーレットのジャックポッドのような大きな救済措置は施されていないようなので、回数をこなすしかないようです。
10連続のダブルアップも似たようなものなんでしょう。
そのほか、マジスロ関連でも、何とかモードに突入するというのがありますが、これも確率なので出ない人にカテゴライズされてしまうと厳しそうです。

それ以外の称号は地道に集めれば何とかなりそうに思っていますが、ただボタンを連打する作業が立ちはだかっているのでモチベーションが下がってきました。

その代わりにヒーローズⅡをやってみたいなと思っている昨今です。
ドラクエモチベ自体はあがっている感じがします。
ただ、Ⅺのきれいな映像後にヒーローズⅡの映像を見ると劣化して見えてしまうのが残念です。
旬の時に旬のものをというのが大事なんでしょうね。

ドラクエの次にゼルダと思って買ったのですが、これもまだ未開封。
先にゼルダをやってみようかな。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2017/09/13 (水)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

トロコン11

2017.09.02 *Sat
ドラゴンクエスト11のトロフィーをコンプリートしました。
普段はトロフィーなんて一切気にしないのですが、お気に入りになったゲームのトロコンは楽しいですね。
最後に残ったトロフィーは、ボウガンマスターでした。
結構探し回ったのですが、自力では全く見つけることができず、公式ガイドブックを見てクリアしました。
ガイドブックの購入については、ドラクエ11の面白さに対する礼儀というか、いいものには対価を払わないと、という気持ちで購入することにしました。対価といっても800Pオールカラーで1,600円って安すぎじゃないかなって気もしますが。
情報としては本よりもネットで検索したほうが速いのですが、たまに攻略本を使うと、分厚い本をめくる、無駄なことをする楽しさがあります。
ドラクエの攻略本といえば、過不足なく情報が盛り込まれた公式ガイドブックに情報スカスカのVジャンプが懐かしく思い出されますが、そんなオーソドックスな攻略本とは打って変わってマニアックな攻略本が過去には発売されました。
それが、「ドラゴンクエストVIIのあるきかた」。攻略というよりは、ゲームをより楽しむところを飛び越えて楽しまないでいいところまで楽しんでしまっているようなネタ満載で構成されるファンブック的な内容の本でした。
ドラクエ7は、プレイしなかった9、10を除いて一番好きではないのですが、この攻略本は見ているだけで楽しいものでした。
ゲームは変わりますが、「マザー2ひみつのたからばこ」という本が自分の最も好きな攻略本(これもファンブック的な要素が強いですが)なのですが、時点であるきかたというぐらい好きな攻略本です。
本つながりで、小説ドラゴンクエストというシリーズのドラクエの小説が7まで発売されていました。
精霊ルビス伝説に、1~7までのストーリーをそれぞれライトノベルにしたものなのですが、これがなかなか面白く、私がドラクエをプレイするときは主人公の名前をイザとするのですが、これは6の小説の主人公の名前だったりします。
公式ガイドブック購入の折、そんなことを思い出しついでに小説も購入してしまいました。
11をプレイして改めてドラクエシリーズを楽しみたくなるそんな今日この頃です。

ところで、トロコンよりも難しいのがゲーム内の称号コンプリート。
250を超える称号が用意されているようですが、トロコン時点で私は203個しか獲得していませんでした。
ガイドブックの一覧を眺めていて一番難しそうなのが、モンスターリストの収集。
なにしろ、今作は雑魚敵と戦わずともクリアできるのが11、ストーリーの優先順位が高かった私としては、ほぼすべての雑魚はスルーしていたため、リストがスカスカなのです。
クリア後にうろうろしていくらか埋まっていたとはいえそれでも200近く足りない状況。
称号もすべて集めたいと思ったのですが、結構厳しそうです。
そのほか、ひとつ気になる称号が「ロトゼタシア冒険王」、条件はすべての土地を訪れることのようですが、いったいどこに行っていない場所があるのか、ローラーをかけないと見当もつきません。

ドラクエ11は、本当に完成度が高く、買ってよかったゲームでした。
非常に楽しいドラクエ11、とりあえずほぼやり切ったかなという感じです。

CATEGORY : 未分類
DATE : 2017/09/02 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

PS4ドラクエ

2017.07.29 *Sat
ドラクエだぁぁぁぁぁ!!
遂に発売日を迎えました。
いったい何年ぶりのドラクエになるのかわかりませんが、8以来のドラクエを存分に楽しみたいと思います。

白PS4とともに10時前に到着しました。
午後になるかなと思っていたのですが、気持ちよく届きましたので、今週末は空き時間すべてドラクエです。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2017/07/29 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

10000

2017.07.16 *Sun
マリオカート8DXでのレートが10000になりました。

マリオカート8未経験から10000までは以下のような成績でした。

レート:10012
対戦回数:2589 (1位:253、2位:283、3位:265)
平均獲得ポイント:3.48 (順位にして9、10位ぐらいですかね・・・。)

プレイ時間に換算すると1レース5分と考えても、約216時間
通常のプレイヤーではありえないほどやり込んだプレイ時間ではないでしょうか。
それだけやってようやく10000なので、相当へたくその部類です。

このゲームは基本的に数を重ねれば自然とレートが上昇するシステムなので、10000ぐらいであれば、もっとスムーズに到達したかったところです。
これだけ対戦回数がかさんだ原因としては、7000、8000台からのマイナス幅の増加とリスクリターンが合わない部屋での対戦を行い過ぎたことがあげられます。
例えば、自分が8000、周囲が、2000~3000台だった場合、1位でも得られるポイントは約10、4位ぐらいになるとマイナス適用にもらえるレートが変わります。
このような環境下で走り続けると、3連続で1位を取ったとしても、一回でも最下位もしくはそれに準じる順位を取ろうものなら、約25前後のポイントを失ってしまうので、上昇分はほとんどなくなってしまいます。
上記よりも全体のポイントが高い状況でも、自分8000、周囲5000~6000では最下位でのマイナスは20程度になり、連続コンボで沈むレースが続くと、あっという間にレートが消えてしまいます。
当初、部屋の選別は1000の部屋だけは避ける程度でほとんど選別していなかったため、何度も大幅ダウンを経験しました。
その理由としては、自分よりも低いレートの人であれば簡単に勝てるとの理由もありましたが、結果を考えると1位を獲得した回数は増えるものの、レート的には全くおいしくなかったです。
レート上昇を目論むのであれば、第一に同レート帯もしくは少し高いぐらい部屋を選択しないとリスクとリターンが全く合わなくなってしまいます。
8000後半からはあまりにレートが上がらなくなってきたので、部屋の選別を第一に行い、スムーズに目標数値まで伸ばすことができました。
1位は激減しましたが、目標を10000にした以上、レートには代えられないです。

ところで、レートの変動値の計算方法は、自分のレートと周囲のレートを比較して算出しているものだと思ったのですが、どうも、そうではないとしか考えられないケースに何度も遭遇しました。
例えば、14000の人、8000の自分、周囲2000のレースでは、14000が1位であれば18上昇するのに対し、自分が1位になると8しか上昇しないというようなケースです。もちろん、下位に転落した時のマイナス幅も8000の私のほうが大きく全く理解できない状況でした。対戦回数が影響しているのか、10000を超えると1/10のレートとしてみなされるなどとも思案しましたが、納得のいく答えが見つかりませんでした。
実際にはどのような計算式になっているのか、気になるところです。

以上、レート10000を目標にプレイしましたが、その理由として、人が多い状況で一定の結果が欲しかったというのと、21日にはスプラトゥーン2が発売となり一気に過疎化してしまうという懸念がありました。
オンラインゲームは人が多い最初のうちが一番楽しいですので、発売日に買った記念に何かやっておきたかったというのがありました。今の時期は滑り込みセーフぐらいだったのではないかなと思います。
Wiiのときには、過疎期にはじめてしまって最後はチートだらけになり、9999はもちろん、9000台にもたどり着けなかったので、今回は一つの目安を超えることができてよかったです。

最後に、対戦で勝つには、

1.とにかく避けられる攻撃は多少大回りになっても避けること
2.アイテムは必ずとること
3.コインを集めること
4.基本的には守り、攻めは、安全確認のうえ行うこと

10000ぐらいまでであれば、以上に気を付けて世界最速+15秒程度のコース取りができれば、その時の運によって上位がとれます。
攻めることも必要ですが見極めが難しいです。
何をしてもダメなこともあるということを念頭に置くのもいいかもしれません。

バトルも面白そうなんですが一回もやったことがないので、今後は、バトルをやってみようかなと思います。

そういえば、最後の1200ぐらいはキングテレサではなくて、モートン、骨クッパにしました。
コイン10枚でも並走する軽量級に負けたり、軽量級に後ろからぶつかられて落とされたり、必要以上に攻撃されたり、テレサって幸が薄いというか、変な仕様があるようにしか感じないことが多いんですよね。バグだろと思うことがしばしばです。
1位を走っていたら、3周目にキラー3つが後ろから連続で通り過ぎたうえに連続コンボで最下位に沈んだり、キノコを合計10個(4回)盗まれたり、数字を目指すと我慢の限界を超えることが多すぎました。
キングテレサでテレサ(アイテム)を使うと、コイン、単品緑甲羅・バナナばっかり、目の前のキノコ3つを盗め!と何度思ったことか・・・。アイテムの引きも前を走る人はキノコ3つ、後ろのこちらは1つとか、なんも言えねぇ・・・ってなります。
モートンや骨クッパはそういうことが圧倒的に減るので設定以上の変なキャラ差を感じてしまいました。

ゲーム外のテクニックとしては、迷信かもですがswitchを再起動したら走行速度が速くなった気がしたので、たまにはスリープではなく、電源オフ、再起動をお勧めします。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ