This Category : SSF4

Cランク目指して、ランクマッチ

2015.06.07 *Sun
「トロフィー」
あってもなくてもいいような機能がPS3にはついているというのが、初めて見たときの感想でした。
しかし、集めだすとそれはそれで楽しく、また、集めきると達成感もあります。これまで4つのゲームのトロフィーを集めましたが、なかなかに楽しめました。
そこで、ふと、スパ4(ウル4)のトロフィーも集めてみようと思い至りました。スパ4に関しては、トレモとオンライン対戦のみのプレイだったので、収集率は6割程度でした。
残りを確認すると、その中に何やらとんでもないものが・・・

「バトルだよ!全員集合!」
数にモノを言わせてこそ勝てる。チームバトルの勝ち抜き戦、または団体戦で、4人チームで相手チームを倒せ!

無理。ネットワークで8人対戦しかも、勝ちチーム側にいないといけない。
現状チーム戦をやっているのは何かのイベントだけでしょうし、そもそもこのゲームで8人も人が集まるのだろうかという疑問もあります。当然、私が主催して集めるのは不可能。

ということであきらめようかと思ったのですが、スパ4のコンプリート記念トロフィーである「真の格闘家」はAEやウルトラで追加されたトロフィーは対象外とのこと。

ならば、「全員集合」以外を集めてみようということで、その他を確認してみると・・・

「称号貴族」
「強い人に会ってきた」
「交錯する運命」
「頂点へ辿り着いた者」
「エラぐなった!」
「Let's Party!」

なかなかに収集困難なものがそろっていました。

スポンサーサイト
CATEGORY : SSF4
DATE : 2015/06/07 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

念願の

2014.12.16 *Tue
昇竜拳を手に入れた!

その名は「ヨガレジェンド」

無敵時間はアッパーを出している間ずっとと考えていいほど長く、オメガリュウのEX昇竜とかち合っても相手の上昇しきったところをブラストで燃やすことができます。
ただし、そのあとのエアリアルは当たりません・・・。
ダメージは確か20、そのあとには空振りエアリアルが披露されます。
さておき、ケージ2本を消費してダメージは240ですが、非常に心強い技となっているように思います。
その他、残念な点は打ち上げのところで相手をKOするとその後のエアリアル死体蹴りをしてくれないところでしょうか。(笑

実際の運用としては、EXブラストのかわり、EXヨガブリングで打ち上げたところを追撃、その他通常技からのコンボと様々考えられます。

ところで、新技ヨガブリングは、弱中強どれもあてて3F有利のような気がします。
ガードされると結構な不利Fになるようです。

その他変更点も多く、例えば、ヨガファイヤは飛距離が強、中、弱、EXの順に長くなったことで、強ファイヤの強さを実感できます。
またヨガフレイムのダメージや発生なども大きく変わっています。

通常ダッシュにおいては、挑発のヨガッ!座禅の姿勢に変わり素早くなっています。
また、今までのダッシュがヨガスイープという弾をぬるりと避けられる技に変更されています。
地味にシャングリラのコマンドがPPPになっていたり、ドリル頭突きが110ダメージになっていたりもします。
残念ながらドリル頭突きからのヨガレジェンドはなかなかにあてにくいようです。

EXテレポについてはよく意味が分かりません。
EXからならば、さらにもう一度テレポができるのかなと思ったのですが・・・。
空中テレポはなく、地上限定で使用でき、相手の前後頭上付近に出現するだけのようです。逃げるときに使えということでしょうか??
いまいち運用が思いつかない技でした。

主だったオメガダルシムの変更はこのぐらいかと思います。

どうでしょう、ウル4ダルシムより強いかなと思ったのですが、投げを超速クイックスタンディングされてしまうので、起き攻めができない部分は損をしてしまっているかなと思いました。また、EXブラストが使えないことで、ゲージ2本の状態でしか対空が難しい状況があるのもマイナスに感じます。
これはあくまで気のせいかもしれないのですが、ダルシムの生命線ともいえる立弱Kの硬直がながくなっているというか、何か弱くなっている気がしました。ズーム大Pに関しては85ダメージと最大火力なのですが、弱Kのところが気になって普通のダルシムのほうが使いやすくて強いのかなーと感じました。

ただし、無敵技ももてましたし、オメガでは、いわゆるガチャ昇竜が封印されましたので、前に出る、攻めるスタイルでガンガンいける部分もあると思います。面白さという点では、遊びエディションなので荒い部分がたくさんあるのでしょうが、結構いい感じになっていると使ってみて思いました。

さて、肝心(?)のウル4ダルシムは、今回の調整で立弱4Kがヒットで3F有利になりコンボ可能技となりました。
それは、よかったね!っといった具合の変更です。
どうということはないのですが、コンボになるのとならないのでは全然気持ちが違うのでうれしいですね。

オメ4は他のキャラも面白くなっているのですが、なにより、オンライン(エンドレスバトル)ですべてのエディションを選んで対戦できる環境になったのが嬉しいですね。
スト4サガットも使えますし、AEユンも使える。そんな歴代最強キャラとオメガキャラでも対戦できる。
まさに夢のエディションといえそうです。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/12/16 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ショック

2014.11.15 *Sat
ウル4をやったら全く勝てなかった。
といっても9月末か10月初めごろに一度ランクマをやっているようだし、二週間前ぐらいにもがちゃった気がする。
すると、10月は2回ぐらいプレイしているということで、全くやっていないというわけではない。

なのに、本当に勝てなくてショックでした。

そこそこ戦えている風なのですが、勝利まで行かない。
ダメージの取り方がうまくないというか、防戦一方の中で、こちらの取り分をもらっている。
逆転しない程度の反撃しかできていなかったように思いました。

おかしいなぁ。おかしいなぁ。

という感じで、二日連続でプレイするととりあえず勝てて一安心しました。
といっても鬼とアベルだけしか対戦しなかったのですが。
鬼はちょろっと。アベルは割とがっつり。

相手の強さ(PP)的には初日負けた相手より高かったのですが、アベル戦に関してはもうちょっと守備面をどうにかしたいなぁという感じでした。

負け方は、一回投げられたり、こかされてコロコロの表裏が一切見えずハメごろされて終了。

結果、投げ読みという名の上いれっぱなどガード放棄はことごとく外れてしまいましたし、たまにスラをこすってみたりテレポをこすってみたり、UCだったり、セビステだったりと適当なこともしてみたのですが、基本は表裏がある程度判断できて、ガードできないと意味がないなと感じました。

しかし、本当にウル4の表裏は見えないものが多いです。
割とがっつりやっているときは、感覚的なものなのかなぜかガードできているということもあるのですが、たまにプレイする程度ではそのラッキーも起こらずハメられるのみ。

そういえば、ディレイスタンディングもあったなーと今思い出したのですが、アベル戦では頭にすらありませんでした。
コロコロで無理によって来るときになぜか膝で攻撃していましたし、やってないと昔のベースが出てきて、練習して何とかできたりできなかったりというあいまいな技術は出てこなくなってしまうなという気がしました。
逆に柔軟に適当なことができて、うまくはまることもあるように感じますが、練習量が大切なのは言うまでもないですね。

二日目も勝てなかったら、休日エンドレスかランクマで頑張ろうかとも思ったのですが、微妙に勝ててしまったので、まぁいいかなって感じになりました。

ダルシム以外にもちょろっとサブキャラを触ってみたのですが、こっちは勝てる見込みがなくなっていてなにか納得してしまいました。私は割とこのゲームをやっているほうだと思うのですが、そんなにプレイしていなさそうな人でも結構うまいなぁと感心します。ちょっとやってすんなりとコンボができる人とできない人の差なのかなという気がします。

ところで、ドラクエ無双というゲームが出るそうで、ジョジョオールスター並みにPVが面白そうだったので、買う予定です。ただ、無双は何年も前にプレイして完全に飽きたゲームなのでジョジョのようにおめでたい気持ちになることはないのだろうと思っています。
正直、無双はOP30秒でおなか一杯になってしまいます。
なので、本当は買う意味がないのかもしれませんが、もしかしたら遊べるソフトかもしれないという期待をもって発売を待ちたいと思います。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/11/15 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ランクマッチ2

2014.10.05 *Sun
PP3000までやりました。

2000から3000までの勝率は7割ぐらい。
BPも2900まで上がりました。

この中で印象に残っている最悪な対戦があったので書いてみます。

相手バルログ
画面橋で一生挑発とバクスラをやってくる系。

久しぶりに出会いました。
スパ4の頃は、挑発してくる人ももっと多かったと思うのですが、今はほとんど希少種のように思われます。
一部、有効なセットプレイとして、挑発を活用なんてのもありますが、プレイヤーの心へのダイレクトアタックは何よりききます。
こういった相手は、いうまでもなく処理した瞬間に切断&その後のメッセージでの煽り行為をやってくるようです。
あれはどういう心境でやっているのだろうむかつきながら考えてしまいます。
切断の速度、その後の定型文による煽りまでがセットプレイなんでしょうか。最悪です。

ところで、この煽りプレイをしてくるのは昔からバルログに多い気がします。
使用している挑発も同じなので、ある意味量産型なのかもしれません。
あとは、使用率の高さからリュウもたまに見かけますが、なんにしても出会いたくない相手です。

こういう相手に出会わないために、何か対策はということで、
一つ、ランクマでは必ず切断率を見ることがあげられます。
普段は1%でも切断率があれば対戦しないようにしていたのですが、この時だけは、見るのを忘れていました。
切断率を見る効果としては、ラグい相手の判別、不快な相手の判別があげられます。
先に書いたように、挑発を連発してくるような人間は、大体負けると切断なりなんなりをして逃げるまでがお決まりなので、自然と切断率が高くなります。
また、そういう不快なプレイをする人でなくとも環境が良くないために切断されるという人とも対戦しないほうがお互いのためだといえます。

ランクマとしては、この対戦から調子が狂い結構負け込んだのが痛かったです。
この後、暫くは3、4割ぐらいしか勝てなかったように思います。
出会ってしまったものはしょうがないのですが、それにしても気分を立て直せませんでした。
後日再開した際には、ほぼ負けなしで3000まで進んだのですが、バルログをみるとまた挑発系かと嫌な気分になってしまいます。

ところで、2000台というとまだまだ、余裕で処理のレベルだろうと思っていたのですが、しっかりやっている人はやっていて、なめたプレイをすると普通に負けるという印象でした。
また、自分のレベルとしても丁度PP3000でBPも追いついてきたので、これからは勝ったり負けたりしながら頑張ってPPを上げていくレベルなのかなと感じました。楽に勝てるのは3000までということのようです。

反面、ランクマをやってよかったと思える点をいくつか。

・エンドレスにいないキャラと対戦できる。
エンドレスでは久しく対戦のなかったガイと何度か対戦できました。
PS3000付近といえば、ガイ、コーディーが多い層なのですが、今もこれは健在のようでした。戦績は結構やられてしまったかなという印象で、こちらがやるべき行動ができなかったという対戦が多かったです。

・今の実力を測れる。
自分がどの程度の相手に勝てるのか、勝てないのかというのが数字となって出てくるのでわかりやすいです。
エンドレスの感覚だと、3000ぐらいなら勝ったり負けたりかな、4000は分が悪いかなと思っていのですが、それを確認できました。

・メインキャラと対戦できる
ランクマなのでほとんどの人がメインキャラです。
エンドレスでPPが低いとかなりの高確率でサブキャラを使われるのですが、自然と真剣勝負になるのが楽しいところです。エンドレスでは自分よりも低PPであればサブキャラで遊ぶという人が多く、それなりに集中して対戦したいときには、(真剣勝負部屋もありますが)PPという看板はあげておいたほうが便利だろうと感じました。

以上、いいことも悪いこともあったランクマでした。

ところで、同キャラが2度あったのですが、奇跡的に2回とも勝ててすごくうれしかったです。
同キャラ戦だけは抜き出てへたくそで、これまで結構な格下相手に負けていたのですが、今回はたまたま行動がかみ合い非常にラッキーでした。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/10/05 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ランクマッチ

2014.09.27 *Sat
PP2000までサブアカでやってみました。

メインはPP68固定にしておいて、うまめな人たちのオラオラ系スタイルへの対応用として置いておきたいと思ったので、一年ぶりのサブアカでプレイしました。
もう少し、触っていると思いきや丁度1年の経過にしみじみしました。

PP2000までのの大体の成績としては、
対戦回数:40~50回程度(負け4、5回)
BPは1800ぐらいだったように思います。

久しぶりのエンドレスの感想としては、すごい緊張する。
何だか変なボタンを押していたり、プレッシャーに負けて攻撃してしまっていたり、
スリリングかつエキサイティングでした。

例えば、ズームに対して、置き中Pで2つ連続でダメージを取られると、もう負けてしまうような気がして焦って攻め、自滅してしまうことが多かったです。他には、テレポの使用率が増えていました。
理由としては、なんだかんだこのPP帯はまだ格下だろうという気持ちと、どうせ通るし使うかというところ。
事実、ほぼテレポは通るし、使えば楽に勝てるのですが、こういう変な癖をつけるとよくないなと思いました。
慣れている人には全然通用しないような運用だったので、これはなかったことにしたい使い方です。

負けた対戦は、自分のメンタルの弱さが際立った対戦ばかりで、

はっ!はっ!はっ!!!負ける!!嫌じゃぁぁぁぁ・・・・!

といった具合に、敗北のプレッシャーから無駄な行動をゴリ押していたり、固まってマグロ状態になっていたりとひどいものばかりでした。
特に、殺意に一度負けたのですが、負けがちらついてからびびってしまい、投げられる、ジャンプからの、投げられる、ジャンプからの投げられる・・・を5連続ぐらいでループされてしまいました。
相手が特別なことをしたのではなく、全部からとびから単純に投げられた(相手は、こいつグラップできひん!と思ったのでしょう。)だけだったのですが、未だにこういうのももらってしまうかと勉強になりました。
PPバリアがない対戦だからこそ、相手も遠慮くな来れるというものだと思うので、それはPPなしのいいところかなと思います。
中にはレンコしてきた人もいて、こちらが思っただけですが、「こんな奴に負けるなんておかしい」と、リプの対戦回数を見て思ったりもしました。

負対戦のうちひとつを除いて勝てる戦いを自分で落としたなと思うことばかりだったのですが、
その一回というのが、いぶき恒例の置き攻めヒャッハー発表会にやられました。
久しぶりに受けると、クナイをガードしてもその後の連携で崩されてしまい、あっという間にやられてしまいました。
セビステップで逃げるはずが、前にステップしていたり、本当に見えませんでした。
この人との対戦では一本目が楽に取れすぎていたので、そんなにプレイしていないいぶきだろうと高をくくっていたろころをやられたというのもあります。慢心することなく、いぶき戦は命がけで逃げないとダメだなと再認識しました。

印象に残った対戦としては、エレナとの初対戦がありました。
トレモでは、中段の速度とガードしても投げられない程度のことを確認していました。
実際に対戦してみると、とっさにガードするのは難しいし、その後、いい反撃のないダルシムとしては割とやりにくい相手のような気がしました。
かためからの中段への派生と下段への派生があるため、ガードしてからは中段意識だけでいいということもなく、一度触られるとかなり厳しい印象を受けました。
また、ウルコンでの回復もダルシムの火力を考えるといやらしいです。
立ち回りとして、例えば、ロレントとの対戦のようにガン逃げしつつたまに殴るというスタイルを考えたのですが、エレナの場合、エレナ自身がそんなに忙しく動くキャラではないのでダメージがとりにくいように思いました。
それから、飛込みが全キャラ中もっとも高く飛び上がるので、対空は簡単のはずなのですが、あまりの高さに対空が早すぎて普通にけられてしまいました。弱ブラストを安定させたいところです。

ランクマッチをすると、色々な人と次々に対戦できるので、次はどんなタイプかなとドキドキします。
が、やはり気を付けるべきは、オラオラ系のプレッシャーに負けてズームを振り回すということに変わりはないかなと感じました。

ところで、ランクマはトレモ待ち受けを使ったのですが、これはいいものですね。

ウル4ダルシムの変更点で、ひとつ気が付いたこと。
ファイヤがある状態では、インフェルノが使えない!
すごくいまさらですが、カタスト同様許されていると思っていました。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/09/27 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ぶっぱなし

2014.09.13 *Sat
言い訳から入ると、野良で対戦をしたことっていつ以来だったのだろう。
(フレンドとなら、ごみのようなガチャプレイをしていたのですが・・・。)
という感じで、何か月もやっていないような気がする野良対戦をしました。
数試合なら、ウルトラになってからやった記憶があるし、2012の中~終盤のときも・・・
プレイよりも動画見ていたかな?
…っということで、ほぼ、野良対戦した記憶がない、ウル4ですが、
先日対戦させいただいた方のおかげでモチベーションが上がり勇気をふりしぼって野良対戦をしました。

ダッドリー、推定PP3000(2012)
典型的な3000ダッドリー。
☆バックジャンプを見たらEXマシンガンをぶっ放す。
・まぁまぁコンボはできる。
・ピョンピョコする。
☆EXマシンガンをガードされた後UCをぶっ放す。

☆の点が特に量産型PSダドの典型であり、昔は確定が取れないことで何度も切れかかった思い出の技でした。
久しぶりに対戦したところ「ぶっぱを普通に食らう」、「ガード後の確反をミスりUCぶっぱを全部食らう」
懐かしさすら覚えました。
ああ!これ確定とるの苦手だったなーw
しかし、さすがに確定が取れないのはひどすぎます。
また、UCガード後ダドに限らずですが、何が入るの!みたない状態になり、ズーム一発で終わるってもの多かったです。
それに、ぴょんぴょんも全然落とせないし、いろいろと動かないしでもう大変。

あと、一番やばいと思ったのが、フレンド対戦では完全に無視していたグラップ。
昇竜キャラなら、昇竜こするか、コパンこするか、バクステするか、ガードするかの4つしかしておらず、
中でも、ちょっと前に歩いてきて投げるという動作に対しては、集中力を要することから、完全に捨てていました。
結果、ダルシムを使うと、あれ、この人グラップ知らない?みたいな状態になり、何とかグラップできるようになるまで、相当の対戦回数を要しました。
その他には、最近ボタンを押しているつもりでも、手が動いておらずニュートラル状態があり、
「投げこすってるやん!」とか、「4中Kやったし」というのも割とありました。

反省点は本当に多く、他にもとにかく画面を見ていない。
画面を見ずに気分で行動するため、不利になる状況が多く、そのまま、殺されて終わることが非常に多かったです。
バッタなんて全部落とせば終わりだし、しゃがんで待つだけでいいのに何をしているんだろう?何で対応できていないんだろうという気持ちでした。
しかし、久しぶりに対戦した人が、ぐいぐい系のひとで、連戦もしてくれ、結構終盤は動けるようになっていました。
もともと、たいしてうまくないのですが、この人ならこれぐらいは勝たないとというレベルは長くやっている人なら分かると思います。
その感覚でいうと、もうちょっと楽に連勝できるかなという感じで、そうするためには、ダドに対してのダルシムの動きを根本的に思い出したり、さぼっていたツケの部分をなんとか修正しなければという思いでした。

これはダド戦ではありませんが、ステージをトレモ以外にされると(特に光るステージ)表裏が全く見えない。
最近、動体視力が落ちてないかなとか、記憶力が完全に落ちてない?など老化現象を肌で感じることが多いのですが、それにしても見えない。
普通のめくりすら食らってから、ああ、めくりだったかとの感覚だったので、ちょっとやばい気がしました。
以前は、表裏の択をかけられる場面では、もうちょっと目でとらえて、手は追いついていないというようなレベルだったり、中Pぐらが早すぎてぐらつぶしを食らっていることが多かったのですが、今は、完全に何が起こったかわからないレベルでした。
当然、老化以外になれという部分のほうが大きいと思いますが、それにしてもきちっとやっていないとできなくなるという感じでした。

あと、しょうもないことですが、試合回数をリセットしている人がほとんどなんだなーと。
確かに、私も1万5千もやってこの程度かよというレベルなので、リセットしたい気持ちはわかるのですが、
できないものはしょうがないし、汚い言葉でいえば、下手のくせにしょうもないことだけ気にするなよと思ったりします。
バージョンごとの勝率がほしいとか、統計的な理由でリセットしている人も多いと思いますが、
あとで、リプレイを見返す側としては、その人はどの程度練習しているのかとか、ダルは苦手だったのかなとか、単純にうまいなとか、いやいや俺のほうがうまいやん!など、いろいろな参考材料にしたい側としては、
リセットされていると見た瞬間、「あ、そうか」と何の参考にもならないので、残念な気持ちです。
まぁ、単にサブアカという人もいると思いますが、それよりリセットのほうが多い気がするんですよねー。

他には、フェイロンのひとともやりました、こちらはキャラ的なところ、レベル的なところ、ダド後だったこともあり、割とイメージ通りに勝てました。
本当は、久しぶりにうまい人のプレイを肌で体感したかったのですが、うまく出会うことができませんでした。
自分で何回かはいってみた中で、唯一、ジュリで3000ぐらいの真剣勝負部屋に入れたのですが、PPが二けただったからか、バッタプレイをされ、それをこちらが、ストレートで処理し、なえて逃げ出してしまいました。
私も人を見て、気を抜いてプレイしたり、適当なことをするのですが、あそこまで露骨にはやらないし、1ラウンド目を見ればもうちょいわかるでしょ?(ダメとれなかったんだから、こちらが経験者だとわかるでしょ?)って感じで、テンションがガクッと下がりました。
そもそも、そういう露骨な考えのひととはやりたくありませんし。。。
まぁ、こういう経験をすると、PPも多少はあげないといけないのかなぁ、でもまだまだ0付近でいいでしょと思ったり。
確かに自分もPP0はけっていたしなぁなんて思う久しぶりの野良でした。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/09/13 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ウル4 ダルシム

2014.08.30 *Sat
変更点を正確に把握していないウル4ですが、何となく、メインのダルシムは把握しています。

感想

EXフレイム:60・60⇒50・50
ダメージは下がったもののガードさせて+2、フレイムヒット後画面中央でも5中Pなどで追撃可能。
微妙な火力アップとなっているようです。
攻撃判定を拡大と以前見たような気がするのですが、それは感じられませんでした残念。

4中K:ヒットバックを少なく。
これにより道着等へのテレポ3段で1中Pを使う必要がほぼなくなりました。
その他にもメリット色々。便利でいいです。

5大P:75⇒80
75がおかしかったとしか思っていなかったので。しかし、85だと高いみたいで、たった5ですが、調整の難しさが垣間見られます。

4大K:90⇒100
妥当の一言。空中軌道変化が多いなかで、膝を出して死ぬことは、珍しいことではないので、対空命のダルシムならこれぐらいあってもいいと思います。110ならなおよかったです。150でも200でもよかったわけですが。

4大P:7F⇒5F
これは結構嬉しい調整。
1中P、4大Pとつながるようになったのでセビヒットからの安定コンボにいいです。
一部キャラには以前から1大P4大Pがつながっていましたが、これも簡単になったので狙いっていきたいですね。
それから、5Fになったことで、例えば、テレポから空中4中K(ヒットバック少な目)、4大P、中フレイムとすることで、空中攻撃から地上攻撃の部分が連ガになりやすく、すべて連ガにする連携が容易になりました。4中K入込み弱フレイムとしてしまって割り込まれるリスクがなくなったのは安心感があります。

EXブラスト:攻撃判定拡大?
と見た気がするのですが、よくわかりませんでした。

シャングリラ:攻撃判定拡大?
と(ry

以上でしょうか、他にもあるのかもしれませんが思いつきません。

目玉強化であった5中K2段ヒットがなくなったことで、ダルシム使いとしては、ウル4の魅力は7,8割なくなったというのが正直なところです。
スパ4ほど強くはないけれど、他のスト4シリーズよりは強いですよというのが今のダルシムで、コンボも増えて楽しいのは楽しいのですが、・・・
他のキャラの変更点を全く知らないので何とも言えませんが、今回の変更では割と優遇されているのだろうと思うダルシムなので、文句はないのですが、メインディッシュを抜かれるとという気持ちが残ってしまいますね。

2段5中Kがなくなった代わりに、ファイア・カタスト、EXブラスト強制ダウンが戻ってきたということなのでしょうが、全部ありシムでもよかったんと違う?などと使っている側は思いますね・・・。
それにしても、後ろ2つがなくなったとしても、ウル4感のある、2段5中Kのほうがいいと思うダルシム使いのほうが多いのではないかなと。ファイアからシャングリラは使えますし。





CATEGORY : SSF4
DATE : 2014/08/30 (土)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

頂上戦へ

2013.10.27 *Sun
リーグ戦入れ替え戦と終わりました。
結構楽しめましたが、残念というか当然というか、運が悪いというか。
餅さんが負けてしまったことでAの楽しみが減ってしまいました。

自分もダルシム使いで、当然出場者クラスのキャラ差について語るレベルではないのですが、
が、対戦を見た感想としては、この組み合わせは以前から想像していたとおり7:3ダル不利で違いないというものでした。
しかし、このキャラ差で割と善戦しているように見える餅さんの凄さを改めて認識したというような印象の方が強力でした。

何がキツいって見た人はわかると思うのですが、ちょっと書いてみると

<立ち回り>
ファイヤ、ズーム 対 烈火、セビ、烈空、前飛び、

お互いに出す技としては、主にこのような技があり。

ダルシムを軸に説明すると

【ズーム】
・大P ⇒ セビ前ステ、セビ開放リスク
・屈中P ⇒ 相手ガード-5
・立ち弱K ⇒ 弱烈火リスク
・ファイヤ ⇒ 飛び込み、烈空リスク 

このように遠距離からフェイロンがリスクを与えてきます。
とはいってもフェイロンも簡単に各種ズームへの対応ができるわけではないので、ある程度はダルシムもダメージを奪うことができます。
個別に、
大Pはダルシムにとってはダメージ源でありゲージ源であり、相手を押しのける重量なツールなわけですが、セビとかなり相性が悪いです。しかも中距離で間違って使おうものなら飛びは刺さるセビステ烈火、セビ開放は確定するといいことがありません。
屈中Pはそんなセビリスクを抱えた大Pとは違いセビ開放をもらうことがない代わりに、距離が短く、中Pなんだけれども発生が遅いです。また、先端間合いでガードさせなければ、2F発生の烈火を先端でガードさせられる結果となり非常に難しい攻撃センスを要求されます。
立ち弱K、この間合いになった時点でダルシムは逃げ出したい気持ちでいっぱいです。立ち弱Kは優秀なのですが、フェイロンの烈火と噛み合えば、1F先に出していた方の勝ちとなり、(もしくは判定の強い烈火が勝つというようなこともあるかも)ある意味運ゲー。
ファイヤはフェイロン戦かなり重要な技となりますが、烈空で見てからカッ飛ばれるので、多様はできません。理想的な使い方は、意識の外からというのはもちろんのこと、ズーム待ちセビを見た瞬間にファイヤをうつということでしょう。ただし、間合いは中距離よりも外のセビを見たときのみとなります。そうするとフェイロン側は下がるか、無理やり前に出ることしかできなくなるため立ち回りで押し返すにはなくてはならないと言えるでしょう。近い場合にはEXなどを使えるとより間合いを離すことができます。が、結構な意識配分を要求されるうえ、ズームを使いながらとなるので噛み合いという運の部分も合わさり難しいです。

簡単ですが、遠距離からのプレッシャーに負けないように相手にリターンを取られないようにダメージを取るのがダルシムなのですが、下がりながらこれをやらざるを得ないので、基本的には3割から5割程度体力をとったところで、画面端に到達してしまいます。

端は皆様お分かりのお察しレベルのキャラであり、フェイロンは全てに対応可能な立ちコパ重ねを持っているため、ダルシムはただガードするしかありません。投げが来るかもしれないのでグラップをすると中Pグラ潰しにやられ、じっとしていると投げ、コマ投げ、烈火1段目をガードさせられた場合本当は最速で暴れたいのですが、2段目の読み合いに付き合わなくてはいけないのはもちろんのこと、2段ガードでも先端はさした確定もなく、ただただ烈火に押しつぶされ、刺さったらまたガードしかすることがないという状態に陥ります。一応立ち弱Kやスラフレイムなどでちょっとだけ押したりはできるのですが、それでダメージレースに勝てるほど甘くもありません。唯一重ね攻撃に有効なのはインフェルノパなしですが、パなして勝つ確率と負ける確率を考えると・・・。
相手はからすれば、パなしがたまたま噛み合ったくらいのもので、それで起き攻めへの牽制には到底なりえません。

以上のような理由から、この組み合わせはダルシム側がちょっとだけダメージをとってあとはフェイロンに詰められて安定して終わる組み合わせです。ダルシムが勝っている時というのは、たまたまダルシムの捌きが素晴らしかった、もしくは、フェイロンが読み合いに全部負けた時だけであり、連戦においてダルシムが勝ち越しできるというのはフェイロンの攻略不足以外なにものでもないので、7:3不利と考えています。


CATEGORY : SSF4
DATE : 2013/10/27 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ヴァイパー戦

2013.10.06 *Sun
かなり久しぶりにスパ4エンドレスバトル。
最初は適当にリュウを使っていたのですが、ヴァイパーでいい感じの人が来たのでダルシムを使いました。

スパ4の良キャラといえば、キャミィ、セス、豪鬼、いぶき、ヴァイパー・・・と多数います。あえて「良」と付けたわけで、真面目に書くとクソという言葉の方が正しいのでしょうが、個人的にはセスやキャミィと対戦するのは好きな方です。豪鬼も好きですし、ヴァイパーもかなり楽しいです。しかし、いぶきぐらいになるとあまりに厳しすぎて楽しくないというのもあります。コンボミスをしてくれるレベルならいぶきでもいいのですが、それだと対戦する意味がないですし。結局、起き攻めキャラの中でも一番しょうもないのがいぶきかなという感じです。

さておき、おそらく半年ぶり(適当)ぐらいにであったヴァイパー戦なので、結構テンションが上がりました。
で、ひまだったので、超久しぶりに動画も投稿しました。
画質がMH2を録画していた時よりひどくなっているという悲しい現実、機材がないのでしょうがない。
そういえば、豪鬼とも半年以上戦ってないので、また過去に連戦させてもらっていた豪鬼みたいな人と対戦したいものです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm21982097


簡単に解説と対策
CATEGORY : SSF4
DATE : 2013/10/06 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

リーグ戦

2013.09.28 *Sat
3期。2期は見ないでいいかと思っていましたが、途中から見たような。
3期は暇なので、最初から通しで購入しました。
今回は、正月まで何回でも見られるのも嬉しいです。

初日が昨日終わったところで順位予想をしてみようと思います。

CATEGORY : SSF4
DATE : 2013/09/28 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ