FC2ブログ

This Category : MHW

WORLD IB 11

2020.09.16 *Wed
嵐の祭祀場
モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009150007331

新イベント「嵐の棺」
クエスト名はデモンズからパクったのかなと思った方もいるのではないでしょうか。
“嵐の”ときて、どういうストーリーを想定したら棺がくるのか、何かネタがあるのか、依頼文も意味が分からなかったので、単純にクエスト名ありきだなと感じました。
クエスト名などは、どうでもいい話ですが、ちょっと連想してしまいました。

さて、このイベントクエストは、先日の歴戦ラージャンクエの受け皿とでもいうべき報酬が用意されています。
確定で封じられた珠×3が貰え、残りはランダムで封じられた珠×1や×3、その他の珠枠が出たように思います。

なんとなく、徹甲ヘビィで激運チケット分を周回していましたが、なんと達人珠Ⅱが手に入りました。
レア12珠は封じられた珠から、3%の確率で出現するようですが、レア12珠には18種類ほどバリエーションがあり、それぞれの珠の出現確立が0.1%、0.2%となっているそうです。
達人珠Ⅱは0.1%の最もレアな珠に分類され、単純に封じられた珠1,000個に1個ですから、えらいいいものを引いたような気持ちになりました。ストーリー上でひとつはもらえるので、引かなくても、そんなに変わりはないですが、複数個持って損はない逸品です。
他には攻撃Ⅱも0.1%のようですが、これもあると嬉しい装飾品です。
いつまでのイベントか把握していないですが、適度に徹甲榴弾を撃って、そのうち手に入れば嬉しいです。

そういえば、ミラボレアスが追加されるようで、懐かし、嬉しという気がします。
個人的には、ソロで倒せるようにしてほしいです。流石にムフェト・ジーヴァ仕様だと、倒せなくはないですが、現実的ではないので、アルバくらい、もう少し難しいくらいで妥協してもらってリリースを期待したいです。
スポンサーサイト



CATEGORY : MHW
DATE : 2020/09/16 (水)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 10

2020.09.08 *Tue
歴戦の激昂したラージャン

モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009072342051
月曜日も配信していたので、引き続き、こなしました。

やればやるほど、慣れるモンスターで、どんどんストレスも減るし、クリアタイムも縮みます。
当初は、11~12分クリアが多かったですが、3日目には、ほぼ10分を切れるようになりました。
攻守がわかりやすく、いい塩梅でのターン制が面白さのように感じます。
ワールドでは、レイア原種、マムタロト、アルバトリオン、激昂ラージャンが、お互いのターンが明確であり、ノンストレスで遊べるモンスターではないでしょうか。レイアは入門、その他は少し慣れやスキルが必要ですが、それぞれ明確な攻略法があり、誰もが自然ときれいな立ち回りに集約していける一方で、度単純作業とはならない自由度や絶妙なバランスを持っていると感じます。

TA勢が挙って動画を上げていたので、いくつか参考にしました。
SSにもある通り、スキルを納刀3から納刀2、スリンガー装填数UP1に変更しました。
これは、強化解除後、すぐに壁ドンの方が有効な立ち回りであることを知ったためです。
当初は、非怒り時にぎりぎりまで叩いてから、壁ドンを狙ったほうがいいと考えていました。しかし、壁ドンまでもっていくのに余計な時間がかかることや時間経過で怒りに移行することもありました。それならば、解除・壁ドンのサイクルを上げ、挑戦発動を優先させたほうがよく、また、非怒り時と怒り時でのプレイヤー側の攻撃タイミングはさほど変わらないため、挑発発動や解除後の壁ドンの方がリターンが高いことが確認できました。
動画を見ていると、真溜めの効果を最大限発揮するため、弱点特攻等による会心率の向上を図っていましたが、自分はパッと組めなかったこのでSSの装備でプレイしていました。
この装備なら、ミスをしても、逆境効果でちょっと得をした気分になれる気がします。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009072341401
早く倒せたと思いTA勢っぽくノートをチラ見。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009072342461
前日の最速タイム8分29秒から1分以上タイムが縮まりました。
大剣のTA勢は既に5分台がゴロゴロいましたので、TA的には全然ですが、7分台を見た時には、改めて自分の上達を感じられるいいモンスターだと感じました。

装飾品もまだまだ持っていないものを発掘できたり、複数個欲しいものがある程度揃ったり、レア12珠は出ませんでしたが、久しぶりに面白いクエストでした。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/09/08 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 09

2020.09.06 *Sun
天の錬金チケット
モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009061459561

なにやら、アイスボーン1周年記念らしく、今週末は記念イベントが配信されています。
ここのところは、四季の祭りが継続していたので、ぼちぼちプレイしています。
ムフェト装備を手に入れたので、散弾ヘビィを使ってネルギガンテクエストで大霊脈玉を収集したり、徹甲ライトを試したりしていました。
だんだん飽きてきていたのですが、「君はゴールデントロフィー」が配信されたのでかなりやりました。
内容は、大霊脈玉に、封じられた珠と天の錬金チケットが手に入るボーナスクエスト。
珠とチケットは、激運チケットを使っても最大7枠までとなっているようです。チケット未使用では、平均3~4枠くらいです。
まだまだ、持っていない珠が多かったです。

歴戦の激昂したラージャンは、慣れが必要ですが、5回死ねるので失敗はないでしょう。
時間的には、11分ぐらいが多かったです。SSはこれまでの最速8分29秒。
ムフェト装備を手に入れたことで、装備的には上限に近いものを使っているのではないかと思います。
ただ、スキルを詰めているわけではなく、ぱっと思いついたレベルでまわしているので、TA勢がどれくらいのタイムを出すのか、装備はどうなのか、もう少し長い期間配信されていれば、参考にしたかったところです。
次回以降の配信の際には、マネしてみようと思います。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_202009042206311
感謝の宴期間はプレイしていなかったようなので、新鮮でした。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/09/06 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 08

2020.08.11 *Tue
ムフェト装備を目指して
モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200810125810

何とか手探りで討伐まで漕ぎ着けたので、改めて、ムフェトの情報をもう少し調べてみた。どうやら、一旦討伐さえしていれば、ソロでも防具くらいはある程度時間をかければ作成できそうだった。
ムフェトは部位破壊箇所が10か所あり、頭部のみ2段階破壊で計11回部位破壊ができる。
頭部は剛角稀かジオニウム結晶体、脚はいずれも剛爪、両翼は剛翼、背中は龍脈殻、胸部も龍脈殻、そして尻尾は剥ぎ取り2回の重尾となっている。必ずこれらの素材が出るわけではなく、SSのように鱗や重殻の外れ素材もでてくる。

一式装備に必要なムフェト素材は、次のようになっている。

赤龍の厚鱗×18
赤龍の重殻×24
赤龍の剛爪×4
赤龍の剛角×8
赤龍の剛翼×10
裂光の龍脈殻×10
赤龍の重尾×3
ジオニウム結晶体×1

このうち、オトモネコのぶんどり刀で入手できるのが、鱗、殻、爪、ジオニウムであり、残る角、翼、龍脈殻は部位破壊で入手しなければならない。しかしながら、胸部破壊は第3層で臨界状態にならないと破壊できないようだったので、候補からは除外。頭部、両翼、背中、尻尾の4か所を破壊が必要になる。

動画を参考に、両翼、背中はヘビィボウガン、頭部と尻尾は大剣で安定した。

ヘビィボウガンはベヒーモス、拡散弾の仕様制限以来となる。
今回はラージャン砲で反動を抑制し、リロードも高速化できるレベル3徹甲榴弾を撃つのみであり、簡単な作業だと思っていたが、実際にはなかなか難しかった。ムフェトは遠距離になると、とめどなくブレス攻撃を仕掛けてくる。もちろん、ブレスの撃ち方には法則があり、タイミングや位置取りを工夫すれば、そんなに難しくはないが、慣れるまでは、かなりイライラが貯まる。
翼を数発撃って、様子見、リロード(調合)、様子見を繰り返していく。落石ポイントでかつ翼にヒットするような位置であれば落石を狙う。翼以外にヒットさせてダウンを狙うこともできるが、体力を大幅に削り、より立ち回りの難しい2階層への移動につながりかねないので使わないようにした。背中も同様だ。ただし、背中はかなり脆く、両翼破壊後に10発も撃ち込めば絶対に破壊できる。大剣使用時にも二階層の乗りから大ダウン、ダウン中に攻撃としただけでも破壊できた。

頭部と尻尾は大剣だ。
尻尾は、時間はかかるが割と簡単で、抜刀装備による抜刀のみで10数分あれば十分に切断できる。
問題は、頭部破壊であり、参考にした動画ではボウガンや弓をうまく使っていたが、自分の性に合わず、それよりも抜刀大剣を選んだ。各種ブレス攻撃やひっかき、噛みつき攻撃があるが、慣れてくると、抜刀だけでなく、しっかりと溜め攻撃を合わせることができる。わかりやすいポイントでは、ひっかきをみたら、かなりの確率で2回目がくるため、頭が戻ってくる位置で溜め攻撃をヒットさせられる。また、90度くらい首を振るブレスのあとは、静止時間が長くこれも位置さえつかめれば溜め攻撃のチャンスとなる。逆に噛みつき攻撃のあとは隙がないため、攻撃は控えて次のモーションを待ったほうがいい。このように抜刀と溜めを使い分け、リズムよく頭を叩き続ければ、15分ぐらいで2段階破壊までできた。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200809120558
武器は、アルレボか砕光の斬剣で迷うところ。

素材集めをしていくうちに、折角なので進められたところまでの報酬をもらったほうが効率がいいのではと思った。
もちろん動画でも紹介されており、上記の頭、両翼、背中、尻尾に加え、後ろ足2か所、2階層での地脈エネルギーの吸収まで進められれば達成度7に到達し、龍光石、鑑定武器まで手に入る。なお、前足はとんでもなく耐久が高いため、この場合の破壊には向かない。後ろ足ならば、両翼と同様に徹甲榴弾で1クエスト内に2か所とも破壊できる。その他、一度達成した項目を何度達成しても報酬への影響はない。

そもそも、ひとりで素材集めをするモンスターではないので、これでも時間はかかるが、討伐時に比べ格段の効率化ができた。仮に今から討伐を目指すなら、半分以下で討伐できそうだ。といっても、まだ、4時間では無理に思う。それでも、どうすればよいか知らないのと、知っているのでは大きな違いがある。

ところで、討伐時に意識したPSNの問題だが、オフラインでクエストを進め、休憩時にはスリープモードにしておけば、クエストの進捗状況はリセットされないのでぶっ通しでプレイする必要はなかったようだ。。。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/08/11 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 07

2020.08.09 *Sun
狂気
モンスターハンターワールド:アイスボーン_202008090627152

ムフェトジーヴァは、ソロだと3、4時間かかる。
ムフェトが出た当時、どこかでそんな情報を見て、以来、ずっとやることはないと思っていた。
が、時間もできたし、そろそろムフェト装備が欲しい。4時間ぐらいなら、やってやれなくはない。
それが間違いだった。

検索上位しか見ていないがソロ動画は、基本的にボウガン、ムフェト一式であり、少し気になった。ともかく、ムフェト未討伐者にとってソロは非常に厳しい道のりなのだろうと思った。
動画内容は、やったことがないので何をやっているかわからなかったし、クエストの仕様も同様だったが、やっていれば次第にわかるだろうと進めていった。

討伐できればなんでもよかったので、大剣に対するこだわりは全くなく、一番簡単な武器で討伐したいと思った。
ボウガンは、“ストスリ”と“水ライト(いわゆる徹甲ライト)”が印象に残っていた。加えて防具のムフェト一式。
そもそものスタートラインに立てていなかったので、大剣、双剣、ランス、弓の中から、具合をみて進めることにした。

ところで、ムフェトを進めていくうえで、ゲームとは関係ないが、気になる点がひとつ。
理論上ソロでも可能だが、40分無操作状態が続くとPSNから遮断されてしまい、クエストの進捗がリセットされてしまう。
(どこかでこういった文面を見た記憶があり、4時という時間は、連続でプレイするには、ある意味で限界。なるほどそういうことかと思った。)

マムと同仕様だろうと思ったので、まずはポイント貯め、討伐しやすくすることが必要との仮定から入った。
ソロで検索したときに、尻尾切断動画を見て、まずはこれだと装備を整えた。動画は、ムフェト登場時代のもので2エリアで切断していたが、当時よりも装備は充実しているため、エリア1で尻尾が切断できた。

これは3時間だと思った。

次に、頭部破壊を試みるがムフェトの動きが把握できておらず苦戦する。
ランスや弓、なんちゃって徹甲ライトを使うもうまくいかない。
諦めて、大剣で頑張ると何度目かで2段階破壊できた。
すでに2時間以上が経過、地脈エネルギーも想定より減っていない。

更に前足と意気込み、双剣を投入、エリア3まで到達できたこともあったが、破壊できないし、加えて地脈エネルギーが全然減らない事実に気付きはじめる。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200809014750
地脈エネルギーは、半分以上減少すると、全エリア共通して、このウルトラちょい減。
はじめは割と減るので、5戦程度でゼロになると考えていたが、実際には10戦程度かかる。

エリア1のエネルギー枯渇まで、カプコン特有の嫌がらせを強く感じたものの、マムと同仕様ならば、レベルが上がれば討伐もしやすくなる。感覚的には、エリア1ゼロで討伐まで持っていける。この希望的観測を信じ続けていた。
ムフェトは、地脈エネルギーがゼロにならなければ減少量はあまり関係ない。マムのようにポイント進行により討伐難易度が極端に変化するといった仕様ではないようだ。
希望的観測で進めたことにより、エリア1で起こったことが、そのままエリア2でも、エリア3にまでも続き起った。

エリア2の地脈エネルギー残量が半部を切ったころ、ようやく無理だと気付いた。しかし、ここに至るまでに装備考察とそのお試しも含め、20戦近くを律儀に時間いっぱい戦い抜いていた。
時計の針は、すでに15時半から22時を過ぎていたように記憶している。
ムフェトがエネルギー吸収モーションに移行すれば、地脈エネルギーは減少すると思っていたものの、確信はなく、もったいない気持ちにも勝てず、途中帰還できなかった。
これだけ長時間になると、問題になるのは、PSN40分制限である。ぶっ通しプレイは苦しく、ごはんや風呂を済ませながらも、油断して40分無操作にならないようにする。
何度かここでやめようと思ったが、すべてを無駄にしたくないと思うとやめられなかった。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200809020801
手探りで進む中、深夜2時にエリア2のエネルギーを枯渇させたときには勝ったと思った。
エリア3の枯渇は不要、流石にそうであってほしいと。
しかしながら、これも間違いだった。
振り返れば、エリア2までは約8分、その後、残り12分、この火力では無理というものだろう。

結局、疲労と睡魔との戦いは明け方を過ぎるまで続いた。
ここまできたら絶対に後には引けない。次第にエネルギーが減っていく、あと、5回、4回、くじけそうになりながら、ラスト3、2、1、ゴールが見えると気力が沸いた。
エリア2枯渇から、およそ4時間、ようやく最後のクエストを受注した。もちろん、エリア3を枯渇させたからといって倒せる保証はなかった。しかし、なぜだかカプコンを信頼していた。

15時半から翌日6時半までの連戦、まさに尋常ならざる狂気の沙汰である。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/08/09 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 06

2020.04.25 *Sat
オトモ猫の装備。
ふと気が付けば、レベル15になっていたのが、回復蜜虫だけだったので、すべてMAXまでと思い交換していました。
ぶんどり刀は、最初のほうに使って以来、全く使ったことがなかったので、単に、換金アイテムを入手するための道具だと思っていました。ところが、リザルトでは、何か余分に素材を持って帰っていることに気が付きました。
最初は、いつもの持ち帰りアイテムかなっと思っていましたが、どうも、ぶんどり特有の素材だったようです。
そして、龍神玉まで手に入れていました。驚きですね。
モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200425131834
マム装備は救済措置として、錬金ババアで上位武器が入手可能になっていましたので、マム素材はいくらあってもいい。
というのも、これまで集めたマム素材で十分と思っていましたが、回し始めると被り武器ばかりで欲しいものが出ない。既存の素材在庫でも150回は余裕で引けたのですが、半分くらいまわしてもダメ。
ということで、マスターの素材も錬金にしたいと思っていました。ぶんどり刀なかなかやりますね。

それから、マム戦ではオトモ道具の大楯は使わないほうがよさそうです。
カカシをだされると後ろから殴る分にはいいですが、頭が狙えない。硬化中は胸に行けないとゲームオーバーなので、失敗率がすごく上がります。

モンスターハンターワールド:アイスボーン_202004251324350
ところで、マスター安定からは上の装備をずっと使っています。
煌金武器を引ければいいのですが全然でないし、いくつか持っているものと比較しても、ブラキ大剣が安定しすぎていて変える必要もないという。
折角なので、極端な弱点持ちには、マム武器がでたら使いたいのですが、欲しいものは出ないです。
マムに対して煌金氷とかね!
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/04/25 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 05

2020.04.23 *Thu
マスターマムタロト
PT用だと無理だと思っていましたが、従来とは異なり、通常モンスター扱いでソロでも討伐可能とのこと。
実は、マム自体は結構好きなので、FF7RからMHにチェンジして戦ってきました。

マスターマムを討伐すると(落とし物でも)、素材が入手でき、それをもってこれまでのマム武器をレベルアップできるという仕様でした。
レベルアップについては、ムフェトを討伐できていないこともあり、どういうものか知らなかったのですが、防具のレベルアップと同じようなものでした。
武器のレベルアップには、マム素材ごとに1P、4P、6P、15P、20P、200Pと、素材の入手難易度によってポイントが設定されています。運よく、討伐一回目で天麟ポジションの素材が手に入り、これが200ポイント、ひとつで最大レベルの5までレベルアップさせられます。
つべの解説を見た感じ結構強いようで、武器にスキルが組み込まれており、カスタム強化、パーツ強化ができるということで、中にはナンバーワンもあるようです。
ムフェト難民は、おそらく、ブラキかラージャン装備武器の二択なので他に選択肢が生まれると嬉しいですね。
マム武器を持っているということは、ムフェトを持っていないということもなさそうですが。
私のように、なんとなくやっている人にはちょうどいいかもしれません。

マムは楽しいので、手持ちのマム武器をいろいろと強化してみようと思います。
パーツ強化まですると、また、あの導きの地をやらなければならないので、そこまではという感じでしょうか。


その後、α装備がどうやってもワンピースにしか見えなくて思わず作ってしまいました。
いつもは、アイスボーンの冬着が一番シンプルでデザインもいいと思い使っているのですが、この重ね着があればしばらく使いたいです。重ね着で武器も金棒にできるというのを今知ったので余計に使いたいですね。
モンスターハンターワールド:アイスボーン_20200423221501

何回かやってみた感じ、マムは一段階目ミスると逃げられて終わりますが、そこさえ突破できれば、あとは簡単な感じです。
一段階目は装具を使って胸に傷をつけ、軟化を狙い、ひたすら殴る。軟化中にうまく叩けなかった場合も、手や胸の柔らかいところを殴れば、ダメージは足りることが多いので、あきらめずに叩くことが肝要なようでした。
2ラウンド目は、落石を当てて真溜めを入れれば、あとは流れ。3ラウンド目は、あまりに頭を放置していると、角破壊なしで終わってしまうこともあるので、バランスを見ながら。かといって、頭が叩けない行動が多く、こだわりすぎていると最悪逃げられるので、ダメージを取ることも忘れずにといったところでしょうか。
元々、行動がわかりやすく、大剣との相性がよいうえに、表示ダメージも高く、爽快感の高いモンスターなので、このご時世にはちょうど良いです。

ところで、普段は黄金マムに双剣を使っていましたが、マスターは軟化させないとダメージ量が足りず、今は始めから大剣でやっています。通常のマムであれば硬化中でも追いかけながら叩け、かなりのダメージを稼げるのですが、マスターは軟化最優先であり、硬化中に黄金を叩いても間に合わないようです。双剣なら、軟化狙いではなく、手数でカバーできると思いましたが厳しそうです。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/04/23 (木)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 04

2020.02.24 *Mon
ムフェト・ジーヴァ
久しぶりにワールドをつけたので、どんな武器があったかなと検索すると、赤龍ノ断ツ剣というのが、圧倒的に強い。
そういえば、そんなだったと思いだしました。ソロってできない、というか、めちゃくちゃ時間がかかるうえに、回数をこなさないといけなかったんですよね。
でも、なんか新しいのが欲しいと思い、ソロ動画を見てみると、なんかライトやベビィで属性弾バンバン撃っている。
いつの時代も、大物にはボウガンなんですよね。

ともかく、ソロでやるには準備が必要ですが、準備にもムフェト素材が必要な感じがしたので、パスすることにしました。
導きの地も特にやることはなかったように思ったので、未消化のフリークエストをやっていくことにしました。
残りはマスターランクのみ、半分以上あるので、ぼちぼち進めていこうと思います。

そういえば、マムも新しい武器があったようですが、ムフェトの前では・・・。
という感じで、武器目的でクエストに行けなくなってしまっているような気がします。

うーん、ワールドはこれで終わりって感じでしょうか。
FF7のリメイクが出るらしいので、買ってみようかなと思います。
ポケモンは買いましたが、全然やらずに終わりました。
新たなブログネタが欲しくなってきました。
CATEGORY : MHW
DATE : 2020/02/24 (月)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 03

2019.11.22 *Fri
やることがなくなってきました。
とっくになくなっていたのほうが正しいかもしれません。

回復カスタムを作って、ある程度の防具を整えて、スキルもこんなものだろうというところまで揃えて。
あとは何をやればいいのか。

十分にやってはいるのですが、それでも、こうであればもう少し遊びたいのにという部分がある。
それがアイスボーンではないかと思う今日この頃です。

各武器がネルギガンテ一強、もしくは、あえて変えるほどの差がない。
いままでの感じで使う弓は全然ダメージがでず、気持ちよくも、爽快感もない。

これが大きいと思います。
モンハンといえば、モンスターごとの専門装備の作成もひとつの楽しみ方。
この武器は好きだけど、このモンスターには相性が良くない。でも使いたいから、こう工夫する。
ネルギガンテ一強になってしまうと、入り口の部分から選択肢が限られる。
多くの人は、はじめ有効なものを選択して、もの好きな人はそこからずれた選択をしていく。
今回は目標がネルギガンテであり、それまでは何でもいい。どれを使おうと大差がない。
そして、ネルギガンテまではすぐに到達できる。
こうなると、ネルギガンテのところで終わってしまう。
これまでは、少なくとも各属性で使い分けが必要で、ある程度汎用的な武器から、更なる効率化を目指して目標まで走る。
目標まで走ったら、選択肢が多かった分、さまざまな逆走もできるし、新たな可能性も探してみたくなる。
例えば、水と毒の両方いけたり、麻痺や睡眠が選択肢に入ったり。色々と有効なものを試せた。
アイスボーンからは単純に一番高い数字で殴って終わり。なので、工夫の意欲もなくなってしまうのだと思う。

これまでの属性ゲーの批判からか、無属性のワールド、数値のアイスボーンに変容したのかなという印象が強い。
差別化の観点からは属性がもう少し意味のあるものにしてほしかった。
ワールドまでは双剣や弓は属性の意味があったのに、なぜこうなってしまったのか、残念でならない。
大剣でも、アイスボーンになり、折角、属性値が飛びぬけて高い面白い武器があるのに、真溜めゲーの影響もあって産廃の域を出ない武器が多すぎる。
ラージャンの氷属性で尻尾切断、その後は変身しない。クシャの毒で風が消えるといった特殊要因もなくなってしまった。
原点回帰のはずのワールドにあってこの仕様は、只々謎のひとこと。

まぁ、さんざんやってこの文句なのですが、それでもなんとなく遊んでいたものの、いよいよつまらなくなってきて、本当はランスのもう少しいい装備や弓の装備、双剣の装備と色々試したかったのですが、どうにも、作る魅力(≒火力)がない。

只々ぴこぴこやりたいときもあるので、ちょっと本気でポケモンを買おうかと思っています。
PS4で興味のあるものは他になさそうだし、こうなってくるとポケモンブログになるかもしれないです。
CATEGORY : MHW
DATE : 2019/11/22 (金)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD IB 02

2019.10.22 *Tue
導きの地の仕様が変更され、ひとりでも遊べるようになりました。
しばらくは回復カスタムと装具の強化を目標に進めていましたが、なんとか必要な装備が整いました。

結局、滅鬼の凶器【断】にその他もろもろのスキルを乗せ、整備をレベル5にするか、その他の面を強化するかで迷っています。
最終段階の装備を整えると、不動の衣装を着て真溜め斬りをヒットさせるというワールドのプレイスタイルに戻ることができました。
ただし、モンスターの体力がかなり多くなっており、装具1回ではとても体力を削り切ることができません。
動きも割と激しいモンスターが多いので装具なしではなかなか溜めはヒットしませんし、装具があれば、ルカニをいつでも入れることもできます。
なので、ナナの整備解放でレベル5までもっていくか、その他の攻撃面を強化するか迷っています。
今のところ、ヴァルハザク以外は汎用装備をつかっているので、これだという汎用を作りたいと思っています。

とはいっても、各属性を使いたいですし、キリンやラージャンのような素早いモンスターにはそれぞれの専用装備も使ってみたい。
これはモンハンの王道のうちひとつの楽しみ方だと思います。
しかし、ネルギガンテ武器が強すぎて、何か工夫してまで他の武器にするモチベーションがいまいち湧かないのも事実。
リンクに追加した「アイスボーン:モンハンワールド攻略レシピ」で最終強化武器の期待値が記載されていますが、ぱっとみてもこういう感じになるよなと思うのがなんとも。
昔からですが、例えばキリン武器は雷が弱点の相手にぐらいは使える調整にしてほしいと思っています。
銀レウスと組み合わせれば弱点持ちには最大火力!を期待したいところですが、きっと無理なんでしょう。

ずっと同じ武器でもいいですが、これだけあるのだから何か使い道を見出したい。そんな今日この頃です。
CATEGORY : MHW
DATE : 2019/10/22 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ