This Archive : 2010年05月

ぼちぼちと

2010.05.30 *Sun
集まってきました、大剣。
現状は、完成大剣全て(天、剛)が全て集まりました。

では、動画作成にかかっているのかというとそうではなくて、あくまで「全て」にこだわってみようかなと進めているところです。
つまり、アイアンソードから始まってアイアンソード改、バスターソード、バスターソード改... etc という風に全ての大剣を作成、所持するというものです。トライ大剣はこうすると71種あるのですが、割とサクサクと作ることができ、殆どがありあわせの素材で製作できました。

ただ、こうしていくと製作費用がかさみ、やたらと多いラギア系大剣には予想以上に時間がかかりました。特に海竜の角、尖角には苦労させられました。部位破壊一個の限定がついているだけならまだしも、壊せど壊せど角ではなく他所の素材ばかりが表示される次第。
下位では、64%。上位では、42%に20%と過半数を占める確立で角が入手できるのにもかかわらず、反転する確立。ほんとに、全然出ませんでした。今まで出なかった高電殻はドサドサ出るのに、、、久しぶりにセンサーを思い出しました。

そんなわけで、無事?ラギアゾーンを抜け、完結じゃー!と勢いのついたところでボルボプレス壁が登場。竜玉2つも使うんですよね。竜玉といえば、ディアx2が一番高確率だったと思うのですが、過去から現在に至るまで結構クリアしているのですが、全く出た記憶がなく。
しかし、確率を信じようと2回ほどやってみるも当然のごとく、、、こちらの角も全く振るわず、堅牢を最後に見たのはいったい何時だったのか。

竜玉はそのうち集まるだろうと思っているのですが、やはり一番の問題は、風化系。エピタフ系統を揃えるためには、@2つの風化した大剣が必要になります。確か大剣に化ける確率が他より低く、ごくごく稀だったような気がするので、本当に集まるのか絶対的守護神になりそうで怖いです。

というわけで、残すは、ボルボプレス、凄くさびた大剣、凄く風化した大剣、風化した大剣の@4本。

67/71、できるだけ妥協せずに下準備ぐらいはきっちりやりたいところ、動画はそれから頑張りたいです。




スポンサーサイト
CATEGORY : MH3
DATE : 2010/05/30 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

もうすこしで(BlogPet)

2010.05.26 *Wed
ringo.5の「もうすこしで」のまねしてかいてみるね

トライ大剣コンプリートには避けてくださる方歓迎です^q^残るはないのようなというからには、これまでも一切ないかということでノーカットで・・・・!
海竜のソフト(フリー)とかをつくりたいと思います。
@4~5というからには、なんて思っては避けていたりし、雷に等しいしつつ、最初から編集ソフトはないかに等しいし、以下ので、基本ソロできましたことができる編集に関しては避けてくださる方歓迎ですが、製作も必要ということをこうすれば、そうです…wあ、ガッツリ初めから編集に関してはないの人が合計6本も必要ということが!
編集に関しては死亡しつつ、なんて思って、できるよみたいなことがいるわけで、そうです。
そんなわけでは、なんて思ってこうやってくださる方歓迎ですがあるの尖角ができる編集ソフトは避けてこうやって、最初から頓挫してみたことを除けば、できるよみたいな動画な意味合いでノーカットでは死亡しつつ、製作も後回しになってこうすれば雷震剣コンプリートには死亡します。
なんとか角が・!
それは避けてくれる人がやってみたいと剛の性能は、詰ってみたい?
しかし、これまでも明白なというからには、現状なものを期待して、できるよみたいなことで・♪
なんとか角だけ折ってこうやって、どこかに喰われては挙げてくれる人があるのプラグインとかそれようなわけでアップし、それなりな動画な動画なものを期待し、スロット一個空いた。
海竜のです^残るはそうです^q^q^;もちろん、製作も必要ということをどうします。
なんとか角だけ折ってくださる方歓迎ですができるよみたいな手取り足取り教えてはやって、スロットを期待したの証拠動画を期待します。
これまでも後回しにMAD的な意味合いで・、簡単なと、現状な手取り足取り教えています。

*このエントリは、ブログペットの「めーやん」が書きました。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2010/05/26 (水)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

もうすこしで

2010.05.23 *Sun
トライ大剣コンプリートできそうです^q^

残るは、雷震剣ラギアクルス天と剛の二本。海竜の尖角が合計6本も必要ということで、詰ってしまっています。実際問題この二本の性能は、スロットを除けば雷迅剣に喰われてしまっているわけで、スロット一個空いただけでは、実用面をどうしたってカバーできないのも明白なわけで・・・、製作も後回しになってしまっていました。
しかし、コンプリートには避けては通れぬ道。なんとか角だけ折ってサクサク集めたいところです。@4~5とまるまる残ってるのですが。

それはそうと、全部大剣が集まったら記念にMAD的な動画をつくりたいなぁー、なんて思っていたりします。
これまでも動画は挙げていたのですが、基本ソロできましたの証拠動画な意味合いでノーカットでアップしていたのですが、そうではなくて、ガッツリ初めから編集しまくりなものをつくってみたいなと。
編集に関しては、簡単なものはやってみたことがあるのですが、MADというからには、それなりなものがやってみたい。しかし、PCスペックは死亡しているに等しいし、そのもそも動画に関する知識も一切ないので、最初から頓挫している状態なのですが・・・。

そんなわけで、どこかにやさしい通りすがりの人がいるのではないかということを予想しつつ、以下のようなことができる編集ソフト(フリー)とかそれようのプラグインとかを教えてくれる人がいらっしゃることを期待してみたいと思います^^;
もちろん、これをこうやってこうすれば、できるよみたいな手取り足取り教えてくださる方歓迎です…w

あ、現状なのですが、導入済み(扱える)のソフトは、


CATEGORY : MH3
DATE : 2010/05/23 (日)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

買うべきか買わぬべきか

2010.05.18 *Tue
なんでもXboxMHFでは、クローズドベータテストなるものが既に開始されているようです。(5/13~5/27)
新モンスターデュラガウラとのイベントや、期間中にHR11以上にしておくとプレゼントもあるようで、開始するなら早い方がイイですよ!といわんばかりです。

思えば、MHFをやりたいな、と思ってから、およそ2年、Gをやったり無印をやったり、3が発売したりなど、やりたいという気持は薄れていたのですが、XBOXさえ買えば、できるという状況になったわけで・・・

XBOXさえ 買 え ば、 THIS IS IT !!

うーん、うーーん、うーーーん。買うべきなのだろうか・・・
MH3の方でも、まだまだソロとかできることはいっぱいあるのですが、正直、曲者のイベント以外は、わざわざ実際プレイしなくともクリアはできるだろうと予測できるたりするのです。
どんどん縛りを入れていって難しくすれば、やり応えはありそうなのですが、トライってそこまで縛って遊ぶものじゃない気がするんですよね。ドスや、Gさらには無印は、少しずつ難しくして遊ぶというのがなかなかに楽しく感じるのですが、トライはそうでもない感じです。

理由はきっと、色々あるのだと思うのですが、中でも装備は大きいかなと思います。これまでの据置シリーズでは、所謂最強装備が存在しましたが、このごろのMHは、スキルの選択幅が広がり自由度が高くなりました。で、それに伴って、単純に最強という頂点のラインが見えなくなった(見えにくくなった)と思います。

個人的には、一番簡単なクリア条件が見えた状態で、その条件からアンカーをかけていって上に上っていく。少しずつ高いハードルを越えていく感覚が分かりやすくて面白かったのですが、スキルの幅が広がったために、どこが一番簡単な条件であるのか非常にあいまい。もっというなら、人によってスキルの相性まで現れる。
仮に最強装備というものを定義するなら、例えば、罠禁止などの条件の下、あらゆる装備の中で最も早く討伐できる装備が最も強力な装備となるとおもうのですが、まずそれを知ることはなかなかでず、タイムアタック的なのはあまり好きではないし、得意でもない。だからこそ、一番簡単なラインからどこまで上に登れたかというのが分かりやすくプロセスも見えて好きなのです。

トライなのですが、明らかに武器では最強装備があります。しかし、上記の通りスキルが豊富なため、防具は一体何が一番なのか殆ど見えない。ここがモチベーションに結構関わっているのかなと。おまけにお守りなる護石まである始末。この存在のせいで仮に理想の防具があったとしても実現しない不具合もあります。
そんなわけで、MHのソロという遊び方も深く深くといくなら、据置では、ドスまでなのかなと思う今日この頃です。条件探索にそこまで時間もかけられませんからね。(かけようと思えないところが真実なのかもです。)

他にも、別にそこまで装備を仕上げなくとも、それなりで普通にクリアできてしまうという。まぁ、それは今までのシリーズでもクエストによっては一緒なのですが、一緒にみえて一緒じゃないっぽいという…

ブログ的には、こんな条件でクリアできたよ、と書きたくなるような魅力が薄いですかね。。。
その意味では、P2Gとも違う気がするのですよね。

何が書きたかったのかといえば、MHF、Xbox、うーん、うーーん。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2010/05/18 (火)
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

バトン

2010.05.16 *Sun

バトン

Q1 今、モンハンやってますか?
A1 はい
Q2 一番面白かった作品は?(モンスターハンターGとか)
A2 ドス
Q3 一番難しかったと思うクエストは?(何クエストでもどうぞ)
A3 火薬岩
Q4 オンラインとかやりましたか?
A4 はい
Q5 好きなモンスターは?(何匹でも)
A5 ケルビ
Q6 嫌いなモンスターは?www(嫌味の様に書いて下さいww)
A6 ランポス、ゲネポス、イーオス、粘着しすぎwwww
Q7 よく使う(使っていた)武器は何ですか?(何種類でも)
A7 大剣
Q8 何かでトラウマになったこととかあったらどうぞ
A8 ザザミに襲われた。
Q9 クエストで 面白い出来事あったら教えて下さい(拡散弾で仲間を吹き飛ばして遊んだとか)
A9 うしろから執拗にけられました。
やってみました。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2010/05/16 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

"Monster Hunter"の魅力 内

2010.05.11 *Tue
ソロの魅力について思うこと

「その製作者の意図した倒し方以外の倒し方ができるのなら、面白い、○○○」

某海原雄山先生のセリフをもじってみたのですが、それなりにソロの魅力を表しており、わりといいんでないかなと思います。
そもそも、オンライン用に調整された強力なモンスター達を一人で倒すという遊び方が、製作者側に意図されていたかどうかについては、よく分かりませんが、貴重なメッセージとして、ミナガルデ工房奥にいる一人の言葉からこれを想像することができます。

それは置いといて

ソロにも段階があり、何でもいいから最上クラスのクエストを一人でこなしていくことから始まり、武器ごとに区切る、アイテムに制限を設ける、装備の性能を変化させる、武器のランクを下げるなど、クエストに対する自分の選択を変化させることで、ひとつのクエストに対して、幅広くアプローチし様々に楽しむことができます。

良くあるのは、武器ごとに各クエストに対するやり方と、ある武器に特化してよりクリアが難しい制限を自ら課し挑んでいくという遊び方です。

前者は、武器ごとのアクション性の違い、各々に対するモンスターの反応、こちらの対応の違いを体験するのに適しています。色々な武器を使用することで、モンスターとの間合いの差や、アプローチする間隔の差など、微妙な部分ではあっても、各モンスターを幅広く知ることができます。それによって、このモンスターに、この武器の相性がどうであるとか、この武器で、こうした動きが可能なら、あの武器でも可能なのではないかという経験の幅、遊びの幅みたいなものを広げることにも繫がります。他武器を使う前までは、知らなかった部分がみえてくることから浅く広く楽しむともいうことにします。
それに対して、後者は、狭く深く遊ぶことができる特化型といえます。ひたすらに、この武器のこの間合いで、こう動くと、こうなる。この選択もできるが、こちらの方がダメージ効率がいい、しかし、失敗のリスクを考えるとなど、戦略面では、試行錯誤を繰り返し、やり込めばやり込むほど緻密になります。一方、実際に動く際にも、単純には今回よりも次回、次回よりも次々回と動きの精度やカンが向上(時には落ち込むことも)していきます。双方で経験の深さ、熟練度を高めることができるのです。

また、そこにアイテムの使用、装備のなど他の条件も絡めると、より複雑で高度なハンティングになるといえます。単にモンスターを倒して終わりだけでは、いずれ、少々アクションを加えた単なる作業を繰り返すだけのゲームと化してしまいますが、こうした工夫をわざわざすることによって、さらにMHを楽しむことができるのです。制限と戦いながら自由に試行錯誤することはわりと面白いものです。

無論、工夫部分はソロに限ったことではないですが、ソロの魅力としては、自身の向上という部分が非常に強く求められます。いくらいい装備、戦略、モンスター・クエストに対する知識、アイテム、運用術云々をもっていても、それを実行できなければソロは成立しません。その逆も、また然りです。マネジメントからオペレーションまで一貫したレベルアップがあってこそであり、幅広さや深さというところが、やり込みがいのあるMHの魅力なのです。それは、クエストの研究であり、モンスターの研究であり、武器への探究でもあるのです。

前にも少し書いたのですが、人によっては、その過程を例えば、ブログなどゲームの外へ広げることでさらに面白さがアップするあたりも魅力じゃないかと思います。


基本的に武器を基軸にしています。。。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ひさしぶりに

2010.05.09 *Sun
7日~10日まで、あの「神への挑戦」が再配信となりまして、うお!と思いつつも、通常アルバですら倒せてないので、まぁ、無理だろうなと傍観しております。
と、ソロの方は無理っぽいのでスルー&再配信がきたことことで、また次があるという安心感が生まれました。

さて、そんなわけで、久しぶりにマリオカートをちょこっとやっていたのですが、これが酷い。
WiFiに繋いで、いつも通り不特定多数の人とレースを楽しもうとしていたのですが、最初のレースから、ちょっと嫌な予感。
他の人とのレースに入る前に、待ち時間が長い場合、その様子が見られるようになっているのですが、そこでのシーンに疑惑の場面が。疑惑というのは、アイテムの使用についてなのですが、そのときトゲゾーが都合よく飛んでいました。
しかし、そんなに頻繁でもなかったのでチートではないのかなと思いそのまま続行、合流したのですが、案の定というか、開始前にいきなりボム兵を投げてくる始末。
ああー、と思いながらも、ここで回線を引っこ抜くと、折角あげたレートがただで下がるので最後まで走りきることに。次のレースに行かずに、一旦でて入りなおしました。わりとはやく入ることができて、レース画面を見ることもなく始まったのですが、ここでもチートが出没。
どんだけチート、、、てな感じでまたやり直したのですが、案外チートは、名前を見るとキナ臭さをかもし出していることが多かったりします。そこで、そういうのを見たら、さっさとでたいのですが、かといって回線プチをする以外、抜ける選択肢がなく、しかしそうするとレートが勝手に落ちたりする場合があるのでなんとかならないものかなと。
レースが始まってから抜くと確実にレートが落ちることはわかったのですが、それ以外は大丈夫なんでしょうか。
チート蔓延しすぎってのは如何なものなんでしょうかね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

世界を喰らうもの 大剣ソロ

2010.05.04 *Tue
ゴールデンウィークも中日終了ということで、あーあ的な気分ですが、ロックラックは盛り上がっております。
何が盛り上がっているかといえば、イベントクエストが盛り上がっています。特にソロ視点で見るともうかなり凄い。
目玉イベントは「世界を喰らうもの」に違いないのですが、そのほかにもソロ最難関と思われる、ジャンプアグナに、さりげなく水中闘技場チャナガブルとなかなかのラインナップです。
ジエンは帰ってしまいましたが、まだまだGWは終わらない!ってな勢いではないでしょうか。

そんな中今回は、ビッグジョー大剣ソロにいってまいりましたので記事にしてみました。
久しぶりに動画も撮り、多方面で内容はともかくとして、当ブログっぽい記事に仕上がったかなと思っております。

ではでは、以下詳細
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

未知との遭遇

2010.05.02 *Sun
Sonora Desert, Rockluck
Present Day

「こんにちはだっちゃ!」


日曜の昼下がりのことである。
正直、画面を見ながら凍りついたのは人生で初めてかもしれない。





CATEGORY : MH3
DATE : 2010/05/02 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

海の王と空の王の狩猟 大剣ソロ

2010.05.01 *Sat
随分と以前に、このクエストでジョーも含めたソロをやってみようと思ったわけですが、結局できないままになっていました。そこで今回は、普通のソロぐらいはやっておこうとのんびりしてきました。
ジョー込みの場合、丸薬を使用してラギアクルス一点狙いに集中すると、10分ぐらいで討伐できたように思うのですが、そこからのレウスとジョーの乱戦が厳しく、レウスが死ぬ前にジョーを仕留めなければならないリミットと、純粋に良く動く二頭と戦いつつ生き残らなければならない二つの難しさが合わさったクエストに変貌しました。

ただ今回は、普通に二頭を討伐するだけなのでこれといった難しさはなく、実質端っこガードのみに徹していても20分少々でクリアできてしまうレベル。留意する事項があるとすれば、片方に集中しすぎると、ジョーの乱入を許してしまい面倒な状況になることぐらいでしょうか。

装備的には、ランスのガードオンリー戦法ならガード性能+1があれば十分。大剣ならガード性能+2でランスと似たような戦法がとれそうです。しかしながら、台所事情やらなにやら鑑みて今回は普通に戦うことにしました。
記事にするかも悩むような内容なのですが、とりあえずリスト的な意味合いで埋めるだけ埋めるために記事も書いておこうということで、本番は、やはりジョーを含めた三頭討伐をやりたいものです。

COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ