This Archive : 2010年10月

反省会

2010.10.31 *Sun
エンドレスでフルボッコにされてから一夜明けて、早速反省会を行いました。
なぜに負けたのか、とりあえず何が必要なのか、一度整理して考えないとこれ以上前に進めそうにもありません。

とりあえず、ランクマで本当に自分のPPが1200あるのかをチェック。

・・・

・・・

PP600なったー

うん、ある意味安心しました。
敗因を検討した結果、やはり大Pのふりすぎによる隙の多さと、屈グラップを入れすぎて、常に暴れ状態になっているために折角のガードを自分から崩していたという二点が大きな原因であることが分かりました。

対策、

①まずは相手との距離によって技を振り分けるよう心がける
遠距離、これまでと同様にファイヤ・大Pをふってガードさせつつダメージをとるようにする。ただし、あまりにもワンパターンだと、セビやら大P狩りやらと反撃をもらうので他の技をふったり待つなどしてタイミングを読まれないように心がける。また、ついつい前ジャンプしがちになりますが、あくまで控えめにするということ、着地は危険になりがちなのでバックステップなどで直ぐに離脱、牽制等のリスクヘッジを行う。
中距離の場合、小足から中足の連携や、中Pなどをメインにしたズーム形の構成に変化させるだけで、隙がなくなり、これまでは大Pに跳びを合わされてフルコンボだった場面がなくなるはず。注意点としては、相手のとびに対する判断。ガードならガード、対空なら対空とあらかじめうっすらと意識すること。この距離ならこの対空という的確なチョイスが出来るようになるには、まず、距離を意識しないととっさに判断できないという二つのループする意識配分があるような気がしたのでこれをテーマに戦いたいところ。
近距離、危険なので直ぐ逃げる、基本的に小足3Fを活かした攻撃と、中足を織り交ぜてダメージを稼ぐようにする。問題は逃げ方と更なる攻撃パターン。逃げ方から、今はどの距離でもバックジャンプで逃げてしまっているので、バックステップという選択肢をつくること。ダルシムでバクステができないとか話にならない。小スラキャンセルファイヤ、フレイムをはくこと、小足からのこのキャンセルで攻めては逃げせめては逃げを繰り返す。もちろん、あのダルシムがやっていたからやりたいということですが、入力が難しく全然できない現状。ただ、どう見ても有効なのでマスターしたいところ。

②守備面、グラップ
どうも投げ癖がついているので、上いれっぱの場合だと投げスカりフルコンボをくらうので、改善が必要。ダルシムの投げは生命線ともいえるので、無駄な投げを減らし、スカりを減らすことが必要。
ガード中もグラップを入れまくることが癖になっているので、入れすぎに注意。折角のガードを自分からくずというのはもったいなすぎる。ただ、グラップ自体は悪くはないので、入れすぎに注意ということ。ガード開始からの3発分ぐらいをしっかり入れていれば、距離も離れるので十分な様子。(グラ潰し昇竜は諦めるぐらいで最初はOK?)入れすぎると、こちらの暴れ攻撃スカりに追撃を浴びせられるので、止めるところはとめるようにしっかりと見ながらやることが必要。そのほかには、着地に投げが多いので自分が投げるつもりで入れておく、不意に少しの間合いをつめるべく相手が歩いたら大体投げのサインなので、それに反応するのも選択かなと思いました。
基本は最後までガードしきって小足で反撃・中足、できればキャンセルで各種ファイアを撃っておくとかなり接近も対処できるようになると感じました。ファイヤできないですけど。

(③ぶっぱ癖の修正)
ダルシムのスパコンウルコンⅠはむちゃくちゃ優秀なので、どうしてもぶっぱしがち。特に負けている場面では、一発のヒット確定の場面(割り込み・対空)ででずに、二回目にでても相手のとびがめくりだったり、こちらの体力がもう0だったりと後手後手で全くねばれず負けることが多いです。そこは丁寧にやっていくことが必用。一回目で決めないと二回目がないってのも面白いところなんですがね^^;;
こういう気持の時は大体スティックのさばき方も雑になっているのでコマミスになり、対処もそれ以外考えていないので、普通にしていればチャンスがあるのにというのも自分から潰してしまう悪い循環を断ち切りたいところです。



兎に角、距離感と適切なグラップ、この二つを意識することで、中距離からのダメージのとり方が良くなるだろうし課題の対空も迎撃成功率が上がるのではと期待する次第です。

対空で行くと胴着系のJ大Kがちょうど届く距離あたりの滞空がまったくできないのを研究したい所です。膝を出してもタイミングミスなのか一方的に負けるので本当に厄介。しかもすかされていたら膝はからぶるわけですし、(今のPP帯ですかし下段とかないですが・・・)これを落とせないだけでカモのはずの胴着系が苦手という不具合なので、上記の間合い管理をしっかりして落としやすい距離をつくることも必要だなぁーと。
小中スラ間合い調整膝とかできるようになりたいなぁ。。

PPの方ですが最終的にはPP1200前後で安定してきました。ま、他の@MH勢の方々に比べると上達速度はすごい遅いですが、はじめたころ比べれば多少は上手くなっているようなので、人一倍やりまくって穴埋めするしかないですね。よし、週末はスパ4廃人じゃーーー!(なんか間違っている気がするorz)
スポンサーサイト
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/31 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

週末の奇跡

2010.10.29 *Fri
久しぶりにランクマ、開幕5連敗にやっぱりかーと思いつつも、反応事態は、そこまで悪い感じではないなぁーと思っていた矢先、そいつはやってきた。

ザ、ブランカ700、こわい、こわすぎる、絶対飛んでちょろちょろする・・・!

ええ、案の定負けました><

ブランカの何が怖いかというと、まわりちょろちょろもあるのですが、それ以上に電撃バリバリ。これをやられると飛びからのPやKが殆ど返り討ちにあってしまうという恐怖使用。
下攻撃も強力なものが揃っており、溜めキャラなので、基本的にはガード状態、ローリング反確があるといっても、このブランカ全くこれを撃ってこない…。
何とか2ラウンド目は取り返すものの3ラウンド目に普通に負けてワァ!

しかし、奇跡は起こった!!!
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/29 (金)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ぶぇへへへへ!

2010.10.28 *Thu
またしても、ランクマから遠退いている管理人です。
きっと週末のランクマでは、PPが一瞬で蒸発するのだろうと予測。今1200ぐらいのはずなので、リバウンドしてくれると嬉しいのですが、甘くないのがスパ4でしょう。

ところで、先週末にバイソンとかバルログとかという、バイソン、そうバイソン、時代はバイソンですよねー。
ということでバイソンの練習を始めてみました。目押しは簡単な方で、突進力、守備力共に兼ね備えた、スパ4の中でも屈指の強キャラ。所謂クソゲーにできるというのは、強さの証か、兎に角強いということで早速トレモに行ってました。

で、できねぇ・・・

目押し、ジャンプ大P・屈小Px2・屈小K、屈小Kがつながらねぇ。

そういえば、ダルシムで目押しとかやったことねぇ。。。

やっぱり、腕伸びるとか神キャラすぎるわ…

などと小一時間考えるも、バイソンのあの笑いに加え、ヘッドからのウルコンの爽快感に感動。ウルコンⅡの柳スマイルも最高ということで、これから少しずつトレモをやっていこうと思います。

少し考えると、ダルシム後Kで技変化→完全コマキャラ使用の場合よりも後ろを押しなれている。2キャラとも基本は待ちキャラ。バイソン、実は投げキャラ、ある意味奇襲のダッシュ系、大Pをおきながら戦うスタイル、通常めくり性能は皆無などなど、実はダルシムと似通った立ち回りのベースもあるんじゃないかという前向きな考えでとりあえず練習してみようと思います。ただ、私が3秒以上相手と接近して戦ったことがないので、相手との距離が詰ったら慌てるしかないという状況なので、まずはそこの克服からしないと、流石にバイソンで下がるだけでは。
御願いカタストもなくなりますしね^^;

とはいってもダルシムをやりまくるというスタイルに変更はありえませんが、他のキャラを使わないと分からないこともありますし、接近の練習や、なによりずっとダルシムはまだまだ集中力の余裕がないので、パーッと発散できるキャラとして使えるようになりたいです。
(そんなに使えれば、ダルシムでも余裕かませますねmm)
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/28 (木)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

攻めとは…

2010.10.17 *Sun
牽制と無駄振り、いい攻め方と丸腰突入、読みとぶっぱ。

大体後者の選択肢をチョイスしている管理人です。勝てないですね。

攻めの起点としては、

①立ちズーム系
②スラからの接近戦
③飛びズーム
④ドリル系
⑤テレポ奇襲

以上が基本的かなと思うのですが、①のズーム、特に大Pは、もう何回失敗しているのか、飛ばれてフルボッコが多いです。封印気味にやっていても、結局ダメージをとるために大Pに頼ってしまいます。
しかし、一見に無駄に見える届かない中PやKが相手にはプレッシャーになったり、タイミングをずらせるといった効果があるので、本当に振り方が大事。ファイアやタワーを交ぜながら間合いにはいってきた時に落とせれば最高ですね。
②最近は多めに選択しています。ただ、スラ中距離小足は殆ど当ってくれないので悲しいです。
ポイントは、スラで直接相手に触れるシーン。選択肢としては、・小足、・投げ、・ガードの三択。ガードの択をとれていないので、これをチョイスできるようになると相手が昇竜系の行動をとってきた場合には、大ダメージのチャンスにもなりますから的確に選択したいところです。ただし、グラップ入力とその場から離脱を上手く行わないと相手の間合いに自ら飛び込んだ状態に。攻められると、あぁぁぁーーーーっとなってしまって全然動けなくなるので冷静さが大事です。ところで、グラップは小中P小Kがいいみたいですね。
③飛びズーム、大体通らないのですが、何せ伸びるので、相手も忘れた頃にやられるともらってしまうんでしょう。パターンとしては、斜めジャンプをすると相手も攻めてくるというイメージを持つのか通らないことが多いので、中間距離などでは垂直飛び大Pなどがいい感じ。起き攻めにはバックジャンプ即大Pが良く通り増す。頭突きに化けなければ。
他にダルシムといえば空対空のズーム中P、なかなか上手く使えないのですが、バルログやセスの壁蹴りにはこれを振っておくと上手く止められます。使いたい技として逃げ大Kジャンプ。まとわりつく相手をゲシゲシ蹴りたい所です。中Kも出が早いので相手の位置によっては大Pよりも使いたい技です。
④、奇襲系の技かなぁーと思っています。ジャンプが来ると相手ももズームやテレポを予想するのか、ドリルのヒット率は高いように感じます。下半身にヒットが条件ですが、当り判定もよく使う大Pより強いので思い出したように使いたいです。下半身ヒットからの択としては、・投げ、・小足、・ガード、とスラと似たようなものかなと思います。有利なのでガードしなくてもいいのですが、繋げないので…。
上半身の時はもはや祈る気持でガード&グラップっ!
⑤ダルシム最大の魅力、テレポ!、幼き日テレポをするダルシムを見てどれだけ感動したことか。かっけぇぇぇぇ、かkっけぇぇぇぇl。しかし、当時は一回もできなかった記憶しかありません。そもそも説明書がなくなっておりコマンドが分からない状態だった気もします。スーファミの箱と説明書は(ソフトも含めて)いつの間にかなくなっていたんですよね。。。今でも摩訶不思議です
なんとなく使ってしまうと相手側にとっては、小P連打でとりあえずノーリスクの技。テレポするタイミングが勝負を分ける感じです。上手く決めてインフェルノまでつなげる日が・・・


町を歩いていてもあの角までテレポで来たらなーとか、病的なことを考えておりまが、そんなことより、①~⑤の攻めの起点を上手く使って勝てるようになりたいものです。ワンチャンを取れるだけの高火力行動ができない分、より慎重に的確に且、時に相手に図々しいと思わせるような大胆な通常技の振りを意識してPP1500を目指したいです。逆にそれぐらいまでなら、コンボがなくても単発の振り方だけで勝てるキャラだと思いますので、なんとかキャラ性能を押し付けるような戦いができるように考えないとです。

しかし、コンボ。。。
時にパッドですが、アケコンより、目押しがしやすい、セビキャンしやすい、とアケコンよりゲフンゲフン。
アケコンのボタン押しが下手すぎて、凄く残念な気持になりました。。。
勿論、スティックも全然使えてないですし><

P3までにPP2000はとかおもっていたのですが、1500も危うい気がしてきました^0^
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/17 (日)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

まるで進歩しない(BlogPet)

2010.10.16 *Sat
ringo.5の「まるで進歩しない」のまねしてかいてみるね

オレの技術的にし、小P連打のタイミング、格の集中力がありませんでしたが少し出来るような、結局は1は、テレポでの改善ですよね!!
これまで繋ぐにこれまでの技は、ダウンからのコンボも過言で削るぐらいしかないと思いますしてしまってくれ♪
いや、ジャンプし、後ろいれっからフレイムで投入する空気がかなり高いか微妙な固めもあがらないわな・という、ドリル、頭突き足、1400戦遊んで一発目をなくす通常の対空のか、何回も過言で相手が常に苦痛とかなり難しいので、も全く成功するまで繋ぐに削られるので断然対処やすい上に削られるという失態を奪い去る行動がし、ワンチャン圏内までのグラップ、一瞬でだすのめくりは、頭突き足フレイムまでに押すとかいわれそういえば、中足、それだなーとしみじみと思う今日この頃です♪
まして膝4に相手が高いかな、も。
他に一気にインフェルノも実戦で強気に突入しては距離がつい最近も全く成功することもトライできるほど大切なのと思う今日この頃ですよね。
まして膝に押すとかその他もろもろ足りないためにやられる、格のパターンが遅いせいかなときも?
よくなったところ、テレポ後最速で強気に強フレイムをかけながら、ぐらいしかないか、前進をつい最近も可能ですがベースに潰されるという、それがつい最近も過言で削っておりますして正確性だと殆ど相手に誘うまで削るぐらいしかないものですよね。
ほんとに格の集中力が高い繋ぎだなぁと思います。
これまではゲームバランスをやると思う今日この二つに押すとかいわれそうな課題しかないか微妙なときもなく、初心者同士だとか、インフェルノぶっ(一応カタスト、一瞬で一発目をつい最近もあるのダルシムの対空カタストが足りないので)をかけながら、ダウンからこそ、、差し合い遠目の管理人ですが遅いせいかなぁというかなものしかできない?
目下の対空カタストが跳んで、ダウンから垂直飛びが、そりゃ勝率も!!
ほんとに格のヒット率がたまったら、何回もなく、ワンチャン圏内までみたいものですよね。
今完全には難易度がかなり難しいという、等々全く成功するため、起き攻めをやると殆ど相手のが故に使っております。
格するに停滞期に、(バックジャンプしたいな課題しかない…

*このエントリは、ブログペットの「めーやん」が書きました。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2010/10/16 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

まるで進歩しない

2010.10.16 *Sat
オレのダルシムだけ膝4フレにしてくれ。


そんな心境の管理人です。格ゲーするまでは1フレなんて、大した違いじゃないと思ってましたが、1フレはゲームバランスを崩壊させるといっても過言でないほど大切なものなんですね。
まして膝-2フレならひたすら膝シムになれる気がします。

これまでのところ、1400戦遊んでできましたが、改めてダルシムはワンチャンキャラだなーと思う今日この頃です。ワンチャンで今までの集中力が無駄になることもありますし、逆に一気に逆転することも可能です。ただし、ワンチャン圏内まで削るのが常に苦痛というか我慢の運びがベースになるんじゃないかなと思います。
ダルシムでガン攻めすると言っても、ダウンからのめくりは、何回もトライできるほどの技は揃っていませんし、ジャンプしても、フワ~なので断然対処やすい上に、小P連打のような固めもなく、結局は大Pで強気に押すとか、スラ、ドリル、前進を使ってちょいちょいプレッシャーをかけながら、中足、小足フレイムで削っては下がりを繰り返すという、差し合い遠目の駆け引きで削るぐらいしかない気がします。

そんな戦い方だからこそ、相手の不意をついたテレポで、一気にインフェルノまでみたいな、一瞬で相手の体力を奪い去る行動が魅力的であり、それがやりたいが故に使っているのですが、フレイム、インフェルノも実戦で投入するには難易度が高い繋ぎだなぁとしみじみとしております。

なにより、速さがたりない。切り替え力が足りない。この二つに加えて正確性だとかその他もろもろ足りないものしかないという。ほんとに格ゲーは難しいです。

今できる一気に逆転のパターンが、インフェルノぶっぱ(一応相手の突進読み)カタスト、ぐらいしかできないので、そりゃ勝率もあがらないわな・・・という具合です。
加えて対空の制度が上がったわけでもなく、つい最近も典型的なPP300の飛び&昇竜ケンにやられるという失態を繰り返してしまいました。
よくなったところといえば、最初よりアケコンになれたのと、格ゲーの読みが少し出来るようになっただけで、技術的には、今完全に停滞期に突入しているようです。

目下の技術的な課題としては、後ろいれっぱからの中足フレイムを繋ぐのが、かなり難しいということと、テレポからフレイムまで繋ぐには、テレポ後最速で一発目を振らないと殆ど相手に潰されるので最速でだすのですが、それだとかなりの低空テレポでないと繫がらないため、トレモでのコンボも結局繫がらずという不具合の改善です。他には、防御面でのグラップ、対空のタイミング、があります。いや、課題しかないです。

話は戻りますが、フレイムまで繋ぐ手法の一つとして、投げから垂直飛び、頭突き足フレイムを考えたのですが、(よくやられるので)ダルシムの飛びが遅いせいか、普通にかわされる、反撃される、等々全く成功する空気がありませんでした。なので、今は起き攻めに強フレイムを使う、「う、うん」とかいわれそうな起き攻めといっていいのか微妙な選択をしてしまっている次第です。不意にこれをやると効果的なときもあるのですが、実際はガードして終了になってしまうので、起き攻めをどうすべきなのかなかなか難しいものです。

ただ得意というか、一応カタストがたまったら、バックジャンプに相手がついてきたところにあざーすのヒット率がかなり高いかなぁと自負しているのですが、初心者同士だから通用する手法で、もっと安定するためには、余分な経費(バックジャンプに誘うまでに削られる分)をなくす通常の対空カタストをマスターしたいものです。勿論対空インフェルノも。インフェルノは距離がかなり難しいのでど真ん中で相手が跳んできたと思っても全然決まらないんですよね。。。

そういえば、セビも全く使えていない…
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/16 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

勝率向上にBGM?

2010.10.11 *Mon
PPは1400をはじめて超えた。BPは4400に到達してしまった。それでも良かった。だって、PP1000は底にすることが出来たと思ったからだった。


しかし、


気がつくとPPは370だった。 な、なにをいっているかわから(ry

うーん、ボケーッと長時間やっておりまして、この泥沼に陥るまでは、PP1000以下の自分よりもPPの低い人には確実に勝てるようになっていたので、まぁ大体で動かしてももいけるだろうと考えていました。しかし、PP700、600、500、400とカウントダウンがはじまるにつれて、あれ、これどうやって勝ってたの??という具合に、負のスパイラルに陥っていました。

改めて、PP500前後の動きというのは、きっちり対応しないと危険というか、接近の弱いダルシムでは特に危険だなぁと感じました。大体のパターンは兎に角突っ込んでくるタイプが殆どなので、一回通してしまうとずっとまとわりついてきます。更に何の躊躇もなく攻撃連打をしてくるので、それに釣られてこちらも小足で暴れるなどすれば、こちらの与ダメと全くつりあわないというか、一方的にやられる展開となってしまいました。
そもそも、私にそんな接近ができる腕があるわけもないので当然の結果なのですが、それをさせないための立ち回りができないと酷い有様になってしまうものです。

逆にPP1000とか、2000になってくると警戒してくれるのか接待なのか、ある程度落ち着いた状態になります。中には、格下相手なら一気に詰めてフルボッコで終わらせるというタイプの人もいます。しかし、こちらの詰め方は、的確な分、自分もしっかりガードしないとという具合になり、ガードから反撃を入れるタイミング等それなりに考えて負ける点はいいかなと感じます。
低いPPの場合は小学生の喧嘩みたいなもので、技術的には一切何も得られていない敗戦になってしまうのでやる意味がない一戦になってしまっています。

長期戦をやるとグダグダになってよろしくないということが分かったのですが、もう一つ、スパ4以外に何かBGM的なものを流しておくと集中力が長持ちするなと。
ダルシムを使っていると、常に相手に対応しておかなければ、一度通されるだけで体力半分を軽く持っていかれるので、仮に中盤まできれいに対応していても私レベルのダルシムでは心中必死であり、寧ろまだ相手有利ぐらいの状況なわけです。
そこで心を落ち着かせてくれる何か他所のものがあると、そこからのもう一頑張りがしやすい気がします。開始からKOまでずっと牽制だけで相手を封殺できることはありませんから、刺された時に如何に軽いダメージで凌ぎきれるかが勝利へのポイントとなります。逃げるには何より冷静さが必用なのです。どの選択をとるにしても、小学生モードでは、逃げられないし、スパコンをぶっ放すにしても絶対にコマミスになるので、落ち着く何かが横で流れていることがマイ必勝ポイントかもしれないです。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/11 (月)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

できたー

2010.10.07 *Thu
テレポ!-大P!-後中足!-フレイム!!

できた;;

対戦ではじめてできた;;

本当は、後中足までガードされけど、あれは列記としたキャンセルフレイムだった;;

そして、相手も最後がでると思ってなかったのか燃えた>-<!!

はじめての一回目を経験してから、トレモでは結構な割合(3,4割…?;)で出来るようになっていたものの、いざ実践になると、テレポからの攻撃が通っても繋げずにいました。しかし、コンボへの指さばきが我ながら当初と比べて随分と軽くなってきており、今なら必ずできるという確信を持ってからの成功だっただけに嬉しさも一入。
他の技のふりも随分と軽くなり、今回のPPは1000を切ることなく自己ベストの1250ほどまであがりました。以前よりもスムーズにボタンを入力できるようになったことで、オフェンス・ディフェンスにも少し余裕のある対応が可能になっていました。ようやく、スティックに慣れてきたのかもしれません。

ところで、最近は妙にダルシムに出会うことが多くなってきました。PP1000までは1000回近く対戦しても10回もなかったダルvsダルでしたが、ここにきて2000台付近から3000台ほどまでのダルシムに出会うようになりました。
せっかくなので、上のダルシムの業をじかに体験しようと毎回研究気分なのですが、ダルの同キャラ対戦は、まるで異次元、おそらくスパ4の中で最もカオスなカード。相手のダルシムのいやらしさも対空うめーもちかずけねぇぇぇ!も感じることはできず、、、しかし、このカードは癒される。

今後の課題としては、リュウ対策、リュウは操作する人によって動きが全く違うので殆ど勝てていないというところです。苦手なのは、ガン攻めタイプ、飛び通しを虎視眈々と狙うタイプ、要は飛び通しが上手いタイプは全く勝てないということですね。。
本来ダルシム有利のカードで全く勝てないというのは非常に無残。たまに攻撃を通されて負けるのであればナチュラルですが、それが逆転するのはよろしくない。

基本的な対策としては、波動、飛び、竜巻ぐらいしかやることはないので、それぞれにきっちり対応する、もしくは誘って落とすでしょうか。
開幕はドーンはじゃんけんみたいなものなので、下がっていれば、運要素は消えます。ということで、そこからどうするのか、波動に釣られてファイアをはくのではなく、波動を誘って大Pで落とす、相手の飛びたい距離になったらむやみに技を振らずに軽めの技で誘って落とす。最悪でもガードできるようにしたいところ。竜巻に対しては、できれば屈大Pで落としたい所ですが、基本は大Pで落とすようにしたいです。応用としては、スラでくぐって間合い調整を行うことでしょうか。

なんにしても相手に乗せられたら負けるし、こちらが乗せれば、大Pもバシバシ決まるということですかね。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2010/10/07 (木)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

PS3は二度驚く

2010.10.05 *Tue
一度目は、はじめて起動した瞬間。
Wiiとの画質差に愕然とする。次世代機にありがとう!の一言。

二度目は、HDMIケーブルで接続した時。
あんなに美しかった次世代の映像が瞬間、過去になる。HDMI接続はそこまで違う。


PS3を購入の際は是非HDMIケーブルもご一緒にということでした。いきなりこっちで繋ぐと違いが分からないと思うので、一度普通につなぎ、慣れた頃に二度目の感動に呆然としてみるのもいいかもしれません。
HDMIケーブルを購入してからずっと書きたかったので今書きました。2週間以上前の話でした。それから・・・

容量は多いほうがいい、320GBをください。購入したPS3は320の新型なのですが、これ何に使ったらいいんだろうか…。正直スパ4以外に使い道がない。Wiiもトライとマリカ以外に使い道がなかった。なんというカプ畜、もちろんPSPもP3のために買う。

たぶんそんな人が大勢いると思うと、カプコンやばい。


そして、私のダルシムは弱い。はやくHDMI接続で表示しないと…!
時に、後中足34フレイムとかあったんですね、ウィキ見てなさ過ぎました。。。

CATEGORY : 未分類
DATE : 2010/10/05 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ