This Archive : 2013年07月

Dragon's Crown

2013.07.25 *Thu
買いました。

最初のダンジョンを2つほどクリアしました。
他のゲームで例えると、SFCの聖剣伝説っぽいかなとか、PSのテイルズ戦闘(操作も非常に似ている)をずっとこなしながら進めていくのかなという感じ。

・・・要するに、

ファイナルファイトに、より多くのアクション要素とキャラ、RPGのレベルや装備をミックスしたようなもののようです。
また、最大4人プレイもでき、オンオフともに友達とファイナルファイトができるぞーというような感じで、そこにアイテム収集などをトッピングしたゲームかなという印象です。

操作はこれからですが、とりあえずは難しくないかなというところです。
キャラクターも6キャラ用意され、剣、ハンマー、弓、斧、魔法2種類と好みに合わせて選択できます。
さらに1データに1キャラということではないようで、例えば、最初に作成したキャラが飽きてしまったなど、キャラ変更がしたいと思った際に、データはそのままに新しいプレイブルキャラを何キャラも作成できるようです。

現在のところドグマが3Dならクラウンは2Dという認識でもいいのかなという感じもします。
やっていくうちに面白く感じるかどうか、ある程度の時間を楽しめるかどうかは、どの程度作りこんであるのだろうかというところに集約されてくるかなという気がします。
ドグマのように未完成というか尻すぼみだとがっかりですが、進むにつれて色々なことができるようになったり、面白くなっていくような、進めば進むほどハマるデームであってほしいです。

8月末のジョジョがでるまでやっていれば買いだったということでしょう。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Dragon's Crown

2013.07.16 *Tue
スパ4がアップデートでウル4に。

ということで、連休中はEVOを見てしまいました。
今年はニコニコで配信もあり非常に見やすい環境となっていました。
スパ4部門では元が優勝。ベスト8には、豪鬼、「豪鬼、ハカン」、まこと、リュウ、「いぶき、殺意」、バイソン、アドンといったキャラが揃いました。
若干、一般常識から外れたキャラが使用され混じりましたが、サブもありのEVOということで。
さて置き今年は、フェイロン、キャミィ、セスがいなかったものの、やはり勝てるキャラは総じて、起き攻め、火力、が揃ったものになったなという印象。
元の極めっぷりはすごいと思うものの、EVOを遡ることどのくらいか忘れましたが、某ニコ生で元の圧倒的な牽制力と火力を見ていたので、極めっぷりよりも豪鬼でもこうなるのかという事の方に気を取られてしまいました。
ダルシムでも下手な中距離での牽制合戦をすると負けるのですが、豪鬼の大足があっても無理かという感じでした。(ダル元ですら、ひたすら大P間合いであっちいけをしないと勝てないという謎の組み合わせだと思っています。)

そんなEVOでしたが、そのなかでスパ4のアップデートにより新キャラが追加されることが発表されました。
ロレント、ヒューゴー、エレナ、ポイズンが参戦。残り1キャラが新キャラということでワクワクするという感じがしないでもない発表となりました。
ただ、ロレント、エレナは見た目が気持ち悪いし、どのキャラを見てもダルを使う側としては、イライラさせられそうなだけだなーと素直に大幅アップデートを喜べません。
結局、その他キャラも割と強化方面なので、ダルはどうなるのかなーしんどくならないかなーというところにばかり気がいってしまいます。
来年なので、ぼちぼち続けてまた唸りたいところです。来年なら、PS4とか、新箱とかでもできないのかなーとも。

前置きが長くなりましたが、それまではとりあえず、「Dragon's Crown」を買う予定です。
7月25日に発売とのことで、とりあえず買おうかなと思っています。

その後、ジョジョASBがでるので、こちらはやり込むという雰囲気はないゲームなので軽くプレイして、ドラゴンズクラウンが面白ければ、ぼちぼちやっていこうかなと思っています。


CATEGORY : 未分類
DATE : 2013/07/16 (火)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ランクマッチ

2013.07.08 *Mon
もう一度はじめからやりたい。
そんなことを思ったそこのアナタ。

なんと、PS3ならアカウントが作り放題なんです。

何を今更という話から、今回は久しぶりにランクマやりましたーという展開にもっていきたい。

ので・・・もっていきます。

それは3つ目のアカウントだった。
その日も、
あー、やることねー、スパ4でもするかなー。でもやることないなー。グダグダやっても心荒むだけやしなー。ランクマやる気もせんしなー。
そういう気分でPS3を起動した。

画面には3つ表示されるアカウント。
どれもちょうど4000PPまでためて、エンドレスに引きこもる用のアカウントとなっている。

そこで、私はこう思った。『まてまて、3つも4000アカ持っとるんやったら一個ぐらいええんちゃう?一個だけやし。』
そこで、3番目のアカウントでスパ4を開始した。
メインをサガットに、実際はダルシムで4000までPPを上げたというどうでもいいメインキャラフェイクを美徳としておいておいたアカウントだった。

ランクマは特にPPが欲しいわけではないので常に待受で実施することにした。
切断率が1%でもあるもしくはアンテナが3本以外の場合はキックとして開始した。

意外と入ってくる。

久しぶりのランクマはやっぱり緊張する。
どうでもいいといっても、勝ちたいしPPは死守したい。

何が来るかな?

ブランカ

3900のブランカがやってきた。
内心『あーあ、オレ、ダルシムやで、しかもブランカ戦割といけるで。』という気持ちが先行した。
『どうせ、荒らしてくるだけやろ、知っとるから。』

「全然荒らしてこない件について」

開幕5秒で困った。こう書くと相手がしっかりとダルシム戦をやってきたというニュアンスが強くなるが、実際に困った理由はそうではなかった。
『オレ、ブランカ戦割といけるで』この自信が5秒で吹っ飛び(この時点で別にダメージを受けているわけではない)、『あかん、これ絶対勝たれへん』という負けの確信を持ってしまった。
お座りするブランカをみて「このタイプのブランカ戦の記憶が一切蘇ってこない件について」と題された案件に何一つの回答と言える行動ができない自分がいることに気がついた。
なんか、適当にファイヤとかズームとかやっている。でもこれって絶対ダメージ取られへんし、現状はただ対応される側に回っとるだけやん。

案の定、処理されて終わった。
そして思った。このブランカ吸いに来る。
予想通りだった。直ぐにやってきて嬉々としてレディを押す。
相手からしてみれば、自分の対戦相手は有利キャラを使っているし、PPも同等、これは吸いに行くというよりもむしろ挑戦。熱い魂の戦いだというようなニュアンスの免罪符が心にいくら張り付いていてもおかしくない。
だからこそ負けるわけにはいかないと思った。
舐めてもらっては困る。君程度のブランカに負けるなど二度とありえない。というような意気込みを持ちながら、その実、対戦に関する知識、経験がすっからかんであることは自分もわかっていたため、さてどうしようとあたふたしながらレディを押した。

荒らす。割と荒らして勝った。意味ないなーと思いながらもとりあえず結果が出たので良しとした。
しかし、相手は実力で負けたなどとは絶対に感じないはずだから、こいつは絶対にもう一度くるという確信を同時に持った。そうすると、もうこの手は使えない。これから引き続き対戦するとすれば、先の一戦は、こちらが万策尽きたことを相手に知らせるだけのものとなってしまう。

部屋と立てるとすぐにブランカがやってきてレディを押した。
絶対勝たれへん。絶対勝たれへんけど、まぁいいや。という気持ちでその後3連戦。
相手は気持ちよくダルシムを処理し、2回目に4000台にライドオン。そこから一勝を積み重ねることで4000の保証をひとつ得た格好となり、気持ちよくジャングルに帰っていった。
あーあ、もっと待つべきやった。丁寧なフリして頭を使わない立ち回りだったとは今の反省で、これが敗因であると思う。そして、頭を使えなかった原因は、ブランカ戦自体が一体いつ以来なんだという実戦経験の欠如に由来するように思う。
エンドレスでブランカを見ない。ガイルはいるのに。

その後、やっちまったPPを眺めて、うーん見栄え悪いなー、3つ4000作ったと思っていたが、所詮はまぐれだったのかという自分への疑心暗鬼に対する回答を得るためにランクマを続行した。
ブランカ戦での寒風が吹く心の中を、スタスタスタッと瞬く間に4000ちょいのガイ(ガイ戦も自信があった)に荒らされ、さらに自分への疑いと失望を強めた。
それでも、このままやめるとそれを認めてしまったことになりそうで納得できず、ランクマを続けた。
先ほどまでとは変わって同PP帯の人がほとんど入ってこない中、やってくるのは2000台、時に3000台。
2000中盤後半ぐらいの人に勝つと、PPが20までぐらいもらえ、3000代はもう少しもらえた。
このポイントの人には勝てたので少しづつではあるもののポイントが回復していった。
ちょうど3900まで戻ったところでピコーンという音と共に「10連勝やったね!」の称号をもらえ、まだとってなかったのかということに気がついた。同時に、いったい何連勝まで行けるねん!という、自分への別のプレッシャーを感じるようになった。
その他、PPに目を向ければ4000まであと1、2勝。
連勝記録更新、4000台突入。言葉が浮かぶと同時に、いつもここで無駄な気負いをして負けていることを思い出してしまった。思い出すことで、また負けてしまうのかという緊張が生まれた。
やってきたのは3000ぐらいのジュリ。
不利キャラ。しかも絶対パなす。で、今の精神状態。明らかに負けフラグびんびんの中、なんとか勝ちを拾った。
ここで4000に戻り一息。次でラスト、次でラストやって終わろうと心に決めた。
こいう時はだいたいいい結果が出ないのだが、またしてもうまい具合に勝ちを拾うことができた。PPは開始時より少し高くなった。

総じて見れば、開幕のブランカでやってしまったものの、後半は割と気持ちよくなれたので記事にしました。ポイントをかけた対戦で勝つ、勝てるというのは、しのごの抜きに良さがあると感じました。

そんなランクマですが、振り返れば、明らかにガチガチに緊張したロボットのような動きのいぶき(3000中盤)がいたり、4000の癖にそのバッタはないでしょコーディーさんという状態の相手もいました。
そんな相手と対戦すると良くない精神状態がでちゃってるかー、と特にいぶきの人なんですが、なんだか微笑ましくもありました。

それにしてもブランカ戦が本当にひどく、これだけは、やり直したいと思った対戦でした。
CATEGORY : SSF4
DATE : 2013/07/08 (月)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

暑い

2013.07.08 *Mon
暑い。今週末は暑かった。
今年もエアコンに頼る季節がやってきたというところでしょう。

さて、7月になり、夏真っ盛りという感じもしてきました。
今の所に住んで結構になるのですが、最近知ったこととして、意外と海が近い。
温泉が近いと過去に書いたことがあるのですが、海も意外と近かった。
海はいいですね。なんというか見るだけで気持ちいいし、太陽を浴びている感覚がとてもきもちいい。
さらには、砂浜を歩く、海で泳ぐ。これだけで結構な運動にもなる。
素晴らしいの一言です。
ただ人が多いのは嫌いなので、7月以降の海開きからは行きにくいとも思ってしまいます。
あとは、砂が焼過ぎるというのもマイナスポイント。
かの鳥取砂丘は夏に行くものではないという言葉が表しているとおりでしょう。
(あっ・・・)察し。

海のという楽しみをみつけたものの、昨今の課題として、本格的に無趣味状態になってきたということがあります。スパ4をはじめてぼちぼち3年。モンスターハンターを続けたこと約4年。ゲームばっかりやっているわけですが、最近は本格的にやることがないからスパ4をやっているというような感じ。
そんな事もあり、他に興味をそそられることはないかと通勤途中に本を読むようにしたのですが、本って、やり込み要素がないうえに面白くてどんどん読んでしまうと直ぐに終わってしまうんですよね。
あんまり読み過ぎると明日の分がなくなるし、次の本、次の本というほどの本好きでもないので、今度はどうやって好きな本に出会うの?ともなってしまう。
全くお手軽感がないうえに買ってしまうと家にモノが増えるという物理的な弊害も生まれてしまう。
好みのものであればいいのですが、興味がなかった本を置くのもあまり許容できない。
いくつかの例をあげれば、「ノルウェーの森」や「ダ・ヴィンチ・コード」はめんどくさくて無理。「竜馬がゆく」は購入してから何年も経っているのですが、それでもまたこの期に読み進めることができているので大正解。
他には「ハゲタカ」シリーズは人のおすすめを素直に聞いて良かったと思える良作。最初の2作品(こっちは世間の評判をというところですが)の全く逆です。「ダ・ヴィンチ・コード」はまともに手にとってない気もするので可能性はありますが、ノルウェーの森は・・・。単純にかっこいい奴が好きですね。

他の趣味として、ワインもひとつ。こっちは金がかかるというのと、ただワインを買ってきて飲んでいるだけなので、趣味というよりはただの贅沢という感じ。
料理などもよく趣味としてあげられるのを目にします。料理は作るし、料理器具なんかも好きなのですが、これも趣味というよりは必要に応じて(生命活動に必要な作業のひとつとして)の意味合いが大きくなり、多少手の込んだことをしても料理マジ楽しい!ワクワクするぞ!みたいなことは天地がひっくり返っても起こりえません。
よって食は道楽であり、趣味というにはちょいと違う。

やり込んでいく楽しみと未知への探究心のようなワクワク感が満たされるものは何かないか。興味をそそられるようなことはないものか。そんなパッションを注ぎたくなるようなものこそ自分の楽しみとして取り組みたいのですが、なかなかこれっ!というものは見つかりませんね。

年を重ねるにつれ、うーん、こんなんでいいのか。と思うことが増えますねー。
どこに向かって生きていくのか、どうやって豊かな人生だと思えるようにしていくのか。そういうことを考えるタイミングに差し掛かってきたなという気がする昨今です。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2013/07/08 (月)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ