This Archive : 2015年02月

欲しいもの色々

2015.02.16 *Mon
年明けから、ずっとゾイドをかき集めています。
そのため、HMMシリーズは、ライガーゼロ一門と一部のゾイド以外はほぼすべて手中に収めました。
念願のゴジュラス限定パーツと2機目も手に入り、3機目の確保に思考が向いているあたり、ややリミッターが壊れている気がします。
制作進行状況は、HMMが30ほど、MSSが8種、メモリアルボックス×3というところです。
トミーゾイドにまで手を出すと、展示場所がなくなるので手を出さないことにしているのですが、ゴジュラス3機が視野に入ると、新共和国イメージパーツを付けたものには、ゴジュラスキャノンをつけたい衝動にい駆られ、その方法を模索中です。
自作すればいいのでは?と思ったのですが、なかなか素材を集めるだけでも大変そうで、その資金があれば、本家キャノンも入手可能というところまで至っています。
しかし、本家キャノンを手にするということは、本家ゴジュラスもついてくる場合が多く、本家からキャノンを取り上げるということであり、それは違うだろうと考えています。難しい問題です。

まだ見ぬ3機目までのゴジュラスの展示方法について想像する一方、HMMコンプリートという収集欲にも駆られています。
現在未所持品の中で最も値段が高いのが、ライガーゼロのクリアバージョン。
ブルーレイに付属しているものと、コトブキヤから限定発売されたものの2種あるのですが、どちらもかなりの高価が付いています。
他にも地味に厳しいのがモルガAA&モルガキャリア。
こちらもすごいプレミアムが付いています。
その他、シュバルツタイガーは、初期のものと再販されたものでは、牙や爪のカラーが違いますし、レオンブレードは、ゾイド自体に変更はないものの箱のイラストが変更されていたりします。また、カラーバリエーションとして、例えばブレードライガーは、通常、バン、レオン(新旧)、ミラージュ、クリアのように6種類も発売されています。うち4機は既に確保しているのですが、さすがに6機はという気持ちになりますし、特にレオンの2機は片方で十分だろうという気持ちもあります。
このように考えると、ほぼすべて持っているといっても、同様なゾイドを二重に買わないといけないようなケースもあるため、モチベーション、保管場所、資金面的にコンプリートは厳しそうです。

特に厳しいのが保管場所で、JAJANのコレクションラックワイドの中に詰め込めるだけ詰め込もうと計画しているのですが、どう考えても、手持ちのゾイドすべてを収めるのは既に不可能で、かといって、際限なく棚を追加するのも違うと思い、有名なイケアのデトルフをひとつ購入すればどうかと考えています。
デトルフを買うなら、スリーゼロコングも買えばいいかなと思ったり、ならば、ゴジュラス3機目の飾り場所も確保できたと想像をするところなのですが、そうするとあっという間に、スペースが埋まってしまい、今後発売されるかもしれない未知のゾイドはどこにというところもあります。
しょうがないことなのですが、売れるゾイド、ライガー、タイガー、ジェノといったもののバリエーションが多すぎて残りこれを買えばコンプリートとなったときの買わなければならないという義務感を覚えてしまうのも難しいところです。覚えるというよりは、現在ひとつの趣味になってしまっているというべきでしょうか。

とはいえライガー系なら、ブレード、ゼロ、通常と3種あるのですが、ブレードは先に書いた6種、ゼロも6種、通常ライガーは5種ほど発売されています。さらに突き詰めるなら、追加パーツというものがあり、これを装備した・・・となると、数がとんでもないことになってしまいます。
展示に当たっては、一応のポーズをとってもらったり、関連のあるゾイドと並べてみたりと、工夫をしたいと思っているのですが、こうも同じものがそろってくると飾る方法も場所も追いつかなくなります。
仮に、コンプリートするというぐらいの男気があれば、同系列バリエーションといった飾り方も考えられるのですが、例えばライガーなら、私はゼロについては一機しか持っていないので、バリエーションというテーマでの展示は難しく、他の種類と混ぜないとなどと考え日々、ゾイドを楽しんでいます。
しかし、オールHMMという展示方法は並べやすく、なんだか、大ゾイド展を彷彿させるのでわくわくしてきます。
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類
DATE : 2015/02/16 (月)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

コトブキヤ新ゾイドきたぁぁぁぁ!

2015.02.08 *Sun
先ずはコトブキヤから発表になったこちらの記事をご覧ください。

http://www.kotobukiya.co.jp/labo/labo-33665/

ワンダーフェスティバル2015で発表があったようで、ムラサメライガーの登場は事前の告知通りといっていいでしょうが、その内容が少し想定外!そしてその他、ムラサメライガーが吹き飛ぶほどのビッグニュースが出てまいりました。

先ずは、ムラサメから、HMMムラサメライガーではなく、新シリーズ(1/100)可動フィギアとして発売されるようです。
絶対にHMM新作がムラサメだと思ってました。ゾイドジェネシスシリーズはこの可動フィギアで発売されていくということでしょうか。最近は買う方に心変わりしてこのニュースでしたので個人的にうれしい限りです。

このムラサメの売れ行き如何でバイオゾイドや他のゾイド、はたまたフューザーズゾイドの運命が変わるのでしょうか。エボルトしたムラサメなんかもパーツ付け替えではなく、新作として出てくるのでしょうか。HMMまでのディテールアップが厳しい小型ゾイドがでてくるのでしょうか。楽しみです!

そして、最大のニュース。
HMMデススティンガーが発表されました!!
100%買いますよね。初回特典などがあればゴジュラスの悲劇を繰り返してはなりませんので、ブキヤで購入しようと思います。まだまだ発売は先のようですが、うれしいニュースです!

では、この二つの商品を待つ間何をすればいいのか?
答えは簡単、「コマンドウルフ アーバイン仕様」を組めばいいのさ。ということで、アーコマが再販になるようです。少々中身は変わるようですが、私は持っていなかったのでうれしい再販ニュースになりました。今はプレミアムがついて定価の2倍以上の価格が付いていることが多いです。何やら「色々と使いやすいようになっている」そうで、個人的にはフライングベースへの対応なんかがあるとうれしいです。
これも発売は5月予定とのことですので、5月までは現存するゾイドの回収および制作を行っていきたいところです。

あとは、あれとあれだけ買ってゾイド終わりかなと思っていましたが終わらなかったです。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2015/02/08 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

スリーゼロ コング

2015.02.07 *Sat
ここ半年ほど、楽しみに見ているゾイダーさんのHPがあるのですが、そちらのほうでスリーゼロコングを見てきたという趣旨の記事が掲載されていたので、私も実物を見に行ってみました。

スリーゼロ アイアンコング

展示されているのは、秋葉原ホビー天国4階。
秋葉原駅、電気街口をでてすぐのところにあるお店です。

標記には1/72とあるのですが、実物はめちゃくちゃでかい印象を受けました。
実際HMMコングの1.2~1.5倍はあるのではないでしょうか。前後の幅がすごい印象でした。
(コンセプトアートゾイドは少しでかいのでしょうか?)
サイズの次に印象的だったのが、質感。
完全に金属製品です。すごく重そうでした。
実際の素材は知りませんが、それは重厚な塗装で、アメリカの会社だけあって、アメリカンテイストな表現を強く感じました。
ハリウッドでゾイドが映画化されれば、これが出てきて動きまくるんだろうと容易に想像できるような感じでした。
そして、4万オーバーの値段設定にも納得。それぐらいだろうという十分な仕上がりを感じました。

ただ、実際見ると欲しくなって買ってしまうと想像していたのですが、いらないかなという感想が先に来ました。
HMMゾイドや本家ゾイドとは別次元の仕上がりになっており、これを家に置くのはガチすぎないかなとその場では思いました。
ガチもなにも、HMMを30以上にD-スタイルほぼすべて、MSSを各2個以上買っていてないのですが、スリーゼロコングは一線を画すといいますか、ものがすごすぎて買うと他との整合性がとれなくなってしまう気がしました。

とは書いてみたのですが、コングの次に万が一、ゴジュラスかデスザウラーが発表されるようなことになると買ってしまおうかなと思っています。
現在のスリーゼロのラインナップは、ライガーと今回のコングの2機のみ。ライガーとコングでは互いに関係性が薄いというか、並べる必要はないと結論付けることができますし、一機だけ置くならすべての手持ちゾイドを収納してしまってこのコングだけを飾りたい気持ちになります。
しかしながら、もし、ゴジュラスを次に作りますと宣言されるようなことになれば、ライバル機を揃えないのはおかしな話としか言えなくなってしまいます。
また、デスザウラーが来るようなことにでもなれば、帝国の2大ゾイドを揃えないのはあり得ないと簡単に答えがでます。
つまり、次回作では、ゴジュラスまたはデスザウラーを作りますと宣言さえしてもらえれば、即コング購入を決めることができるのです。というのも、ゾイドは一度消えたら最後、二度と手に入らなくなる可能性の大きいものですので・・・。
一応現段階でもスリーゼロライガーは買えますがプレミア価格で買うほど欲しいものではないかなと思っています。
その意味では、次回作の発表がサーベルタイガーだとシールドもと考えてしまいそうですが。そもそも、コング、ゴジュラス、デスあたりだと諭吉が何人でも欲しくなるという話であって、スリーゼロ製のその他ゾイドは買わなくてもいいかなと今のところ思っています。
私は、汚し塗装より新品の質感のほうが好きなので、実はそこもマイナスポイントだったりはするのですが。


しかし、もらえるものなら欲しいですね。
うーん、5月発売ということは6月のボーナスが見えている・・・か。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2015/02/07 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

HMM サイコ・ジェノザウラー

2015.02.01 *Sun
2月に再販になるサイコ・ジェノザウラー
リーゼの愛機として無印アニメで登場するジェノ系ゾイドで、幻影発生装置という一風変わった装備をしています。
HMMとしては、明るい青よりの紫でまとめられたカラーリングと、リーゼ、スペキュラーはもちろんヒルツ、アンビエントが同梱されていることが特徴です。
繰り返しになりますが、アニメ機は鮮やかな色のものが多いですが、その中でも異彩を放っていおり、個人的にはカラーリングの良さで購入を決めました。
実は、ジェノ系は、レイブンジェノとブレイカーを組み立てているのですが、残る初期ジェノも欲しいなぁーと思っています。それに、初期ブレも含めて全部ですね。全部。置くところがさすがに厳しいのですが・・・。

では、簡単にレビューを。
DSC00826.jpg
CATEGORY : ZOIDS
DATE : 2015/02/01 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ 只今、ヨーガ奇跡の業を修練中


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ