FC2ブログ

This Archive : 2018年08月

WORLD 30

2018.08.25 *Sat
念願の
モンスターハンター:ワールド_20180823222825

143番目のレア8武器それが「ガイラブレイズ・睡眠」でした。
マム武器は、ガイラブレード・水を残してすべて手に入れました。
これで満足、マムは完全に必要ないと思いきや、今回から新武器がそれぞれひとつ追加されたようです。
大剣は、1008(雷600)
これまで雷武器はないに等しい状態だったので用途のありそうな追加武器です。
もはや、これを求めてマム連戦をする気持ちは起きないですが。
今回のマムではレア8、10個目くらいに睡眠が出たのですが、残念ながら追加武器はひとつも手に入りませんでした。
ついでに出ればラッキーとの気持ちが読まれたのかもしれません。

折角手に入れた睡眠大剣ですが、正直使い道はありません。
キリンに使いたい気持ちがあったのですが、歴戦王クエストをこなす必要がない今、ただ、手元に置いてあるだけです。

金曜日からは、極ベヒーモスイベントが配信されています。
倒すと重ね着装備と称号が手に入るとのこと、野良でのチャレンジになりますが、折角なので参加しようと思っています。

ところで、ベヒーモスを倒すとレアな装飾品が出やすいとのこと。
ソロでの攻略もかなり出ているようなので安定して回せそうであれば、装飾品コンプに向けて練習してもいいかなと思い始めました。
ただ、大剣は難しそうなので楽そうな弓で練習しようと思っています。
大剣は使っていて相性がいいと思ったことはなく、ソロの動画も探してみたのですが、明らかに他武器よりも工夫を必要とするようでした。
とりあえずは、極を一回クリアしたいですね。
スポンサーサイト
CATEGORY : MHW
DATE : 2018/08/25 (土)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

投資

2018.08.09 *Thu
久しぶりに投資の話。

投資経験は、ようやく3年になろうとする初心者でありますが、これまでの成績を振り返ってみたいと思います。
投資の成績をはかる上では、インデックスと比較して自分の運用成績を見る方法があります。

ところで、ファンドマネージャーと呼ばれる、本職の業者の運用成績は+10%あれば優秀と言われています。
ただし、ファンドマネージャーは、大きな資金を運用することになり、直接、市場に与える影響とも戦わなくてはなりません。
なので、例えば、さやを抜こうにも動かす金額が大きすぎて自分の売却で価格を押し下げてしまうこともあり、運用成績については個人投資家とは少し分けて考える必要があります。
もちろん、本職なので、いいファンドを組成する力が、ともいえますが、個人でやる以上は人に任せるより自分でやったほうが儲かると思っているわけで、少なくとも本職を超えていないと意味がないという話にもなります。

プロに勝つ前に、勝たないといけないのがインデックスです。私は一般的な225と比較して勝利を収めることができたのか。
私が投資を始めたころの225は、17,000円前後、今は22,560円、およそ32.5%上昇しています。
ということは、3年前の100万円は今の132.5万円になっているということです。
これは、年10%の複利運用とほぼ同じとなり、年間+10%のリターン。ということは、優秀なファンドマネージャーの成績と同じになります。
私は、残念ながら3年間で15%~20%程度の運用しかできませんでした。
常にインデックスに負けているような状況であったので当然の結果です。
自分で銘柄選定をするよりも、大人しく225のETFを買っていればよかったということです。

少しそれますが、ファンドマネージャーもほとんどが長期的にはインデックスに勝てないといわれています。
上昇局面では、アクティブ型のファンドが優勢となりますが、そうでない場合はインデックスのほうが優秀な成績となります。
過去を振り返ると、特に日本においては、右肩上がりというのはここ5年ほどの話であったことも関係していると考えられます。
ただ、常に右肩上がりだったアメリカでも長期的にインデックスに勝てるファンドはなかなかないといわれています。

さて、私は資産家ではないので、初期の段階で大量の資金を投入して長期的に寝かせることができません。
なので、逐次、余裕資金を投入することになります。

一度に大量の資金を投入すれば、高値掴みのリスクは上がりますが、今のような緩やかな上昇をした場合においては最もリターンが得られる投資方法になります。
一方、時期を分けて資金を投入すると、ある程度上下に振れ幅のある相場では高値掴みのリスクを軽減でき、確実にリターンを得る方法として有効になります。
ただ、下落局面になると、追加で買うことが心理的に厳しくなり、上昇局面に転じた時に買い付けを行ってしまうことで、時期は分かれても、またしても高値で掴むことになり、最悪の投資方法といえます。

私もこれに気を付けて運用していたつもりでしたが、買うと下がる、売ると上がる、我慢すべきところと行くべきところの見極めが全くできていないと感じることが多くありました。
心に勝てなかった、市場の分析能力が足りなかった数多くの原因があります。
今少しだけ話題の企業などはリスクを取って、一時数か月で50%程度の含み益も発生しましたが、結局、欲をかき最後は我慢できずほんの少しのロスで終わってしまいましたし、先がいまいちだと思って売った銘柄は、その後50%~300%というものもありましたし、もう少しと思った銘柄は、結局マイナスまで下落するものもありました。
得られるときに得るというのがいかに難しいかを痛感した3年でした。
また、短期で儲けようとある程度の高値圏と考えつつも買った銘柄は、結局うまくいかず塩漬け状態となってしまったものも多々あります。ここ1年でいえば成績は若干のマイナスです。

最近は、結局勝てないのであれば、米国のインデックスをNISAで買えばコスト的にも最良の選択肢だと考えるようになりました。
とりあえず、現行の資金で国内勝負、追加資金は米国インデックスで運用していこうと考えています。

“空売りは命まで”との格言がありますが、信用取引は性に合っていないし3年間の成績を考えれば、わざわざ命を投げ捨てる必要はないと考えています。
CATEGORY : 未分類
DATE : 2018/08/09 (木)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD 29

2018.08.09 *Thu
幻の珠
モンスターハンター:ワールド_20180731200959_1
既に新大陸の覇者の称号を得て、金冠マラソンは不要だったのですが、対象外のジョーとナナもついでに埋めようと長期戦を覚悟していました。ところが、そういう時にはすぐにでるもの。
また、追加されたベヒーモスも、装備は簡単に作ることができ、すぐに倒す必要がなくなりました。
いよいよ、MHWが終わったかに思ったとき、ふと、装飾品を無心でひたすら集める作業をしたいと思いました。
気が付けば、紫枠が5、4枠の調査クエストがたまっており、謎のモチベーションが湧き上がってきました。
何が欲しいというわけではなく、これだけの調査をこなすとどの程度装飾品が集まるのか、むしろ、レアな装飾品で倉庫が埋め尽くされるのだろうという想像をしながらの収集となりました。
結果、大したレア珠を手に入れることがなく、モチベーションが消えていきました。
とはいえ、SSの強走珠は初めて入手することができました。
全ての珠をそろえるというのもひとつのやり込みとして取り上げられていますが、私の場合、匠珠が全く出る気配がなく、最後の装飾品となりました。

今回の匠は、1ポイントで10ゲージ追加とい非常に使いやすく優秀なスキル。
まず、欲しいスキルではありますが、匠珠は全くでない。幻と考えて差し支えない代物。
あれば、便利ですが、それだけ、でも、持っていないとほしい。それが匠珠。攻撃珠ももっと欲しいと思いだしてから全くでなくなりましたし、求めると手に入らないってつらいですね。
持っていないから欲しいだけとも言えますが。

今後はぼちぼち珠集めをやっていく予定です。
因みにHR360を超えたところです。なんだかんだめっちゃやってます。
CATEGORY : MHW
DATE : 2018/08/09 (木)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

WORLD 28

2018.08.05 *Sun
コラボイベント
モンスターハンター:ワールド_20180802194828
FF15とのコラボイベントでベヒーモスが登場ということで早速クエストを受注しました。
率直な感想は、面白くないでした。
ベヒーモスは竜巻を設置して、メテオで攻撃、エリア移動時に即死メテオというモンスターです。
もっと暴れまわるのかと思いきや、基本は魔法攻撃で肉弾戦は、猫パンチ、体当たり、のしかかり、角攻撃、回転攻撃、尻尾ビンタと書き出すと色々とありますが、MHWのモンスターに感じた生命感というものがなく、システム的に動き、狩りをしているというより、ゲームをしていると感じる動きでした。
それが面白いといいのですが、ゼノジーヴァと同じく、何だかイラっとする動きばかりで、そのうえ、設置される竜巻がかなり鬱陶しいのでさらに不快感が増しています。
封じるには閃光玉ですが、何だかいまいち。
パーティプレイ用モンスターということはよく理解できますが、それでも、練り切れていないことだけを感じます。
無料のアップデートなので、理解はできますが、ソロで倒してみたいとかそういうチャレンジをしたいと思えるタイプのモンスターではなかったのが残念です。
こんな感じでだらだらアップデートするより、完成版としてGを作ってもらうほうが嬉しいです。
裏で作っていて、試金石としての導入ならいいのですが。

因みに、野良でしかパーティプレイができないので、野良で挑んでいますが、なかなかクリアできないです。
特にファイナルアタックのメテオは、事故率が高く、距離によっては詰んでいることもあるので確実に死亡カウントを増やす要素になっています。
そのあたりを確認しながら戦えるパーティだといいのですが、運が悪いと、小隕石が残っていないところにメテオを打たれることもあったので、全体が慣れてこないとクリア確率は上がってこなさそうです。
コメットを連発しだしたらというのはわかっていても、ひとりは犠牲になっていることが多く、討伐時にちょうど3つ目を引く人が多かったです。
そのせいか装備を作る際には、尻尾、角、爪が集まっているのに、たてがみが足りませんでした。
モンスターハンター:ワールド_20180804233200
最近、野良ではマム以外やったことがなかったのですが、イベント大剣の使用率が高かったですね。
次点で、ナナゼノだったでしょうか、パーティプレイということで笛の人もいました。
その意味では、ベヒーモスは成功だったのでしょうね。
CATEGORY : MHW
DATE : 2018/08/05 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ