FC2ブログ

HMM ガンスナイパー

2015.05.23 *Sat
平成の共和国小型ゾイドといえば、ガンスナイパーなのでしょうか。
無印アニメのやられ役の印象が強いですが、アニメ初登場回はガンスナイパーのための放送でもありました。
また、やられ役も数多くこなす一方でスラッシュゼロでは、主要キャラクター2人の登場する機体として大活躍をしました。
HMMでは、すでに通常機体、リノン仕様、ナオミ仕様の3種が発売されています。
また、本来のブレードライガーのサポート機としての役割だけでなく、上記3機種のように多様な武装を施し、それぞれのフィールドで成果を上げていることから、その汎用性の高さがうかがえます。

ガンスナイパーのデザインについてですが、評価すべきポイントは共和国キャノピーの復活という点ではないかと思います。旧末期には共和国であろうとキャノピーを廃したある意味カッコイイと受け取られやすい安直な路線に走っていたところを見事に修正したのではないかと感じます。
また、帝国のレブラプターと対になるコンセプト、射撃能力に焦点を当てた設計も魅力的です。ライバル機という位置づけなのかどうかはわかりませんが、ゴドス、イグアンのように、小型ゾイドでも対になる機体があるのは面白いです。

以下、ガンスナイパーレビュー
DSC01137.jpg


ランナー
DSC01136.jpg

全体パーツ
DSC01138.jpg
小型ゾイドらしく制作時間もあまりかからず、それでいてHMMとしての完成度も非常に高いです。

あまりランナー
DSC01143.jpg


完成
DSC01141.jpg
写真では魅力が伝わりにくいですが、実際手に取ると非常によくできており、妙に好きになります。

DSC01140.jpg

DSC01142.jpg
尻尾は下方向に相当な幅で動かすことが可能です。

ガンスナイパーが好きだという認識は全くなかったのですが、HMMガンスナイパーを手にすると、妙な良さを感じ、完成当時はとてつもない満足感を味わうことができました。
何がいいと書くのが難しいですが、HMMガンスナイパ―に対しては何一文句のつけようがないと感じるところが最大の魅力ではないかと思われます。
残念なところは、再販はされなさそうというところでしょうか。
今後、デススティンガーのHMM化で、再開するシリーズですが、その際にはレブラプターのHMM化も是非お願いしたいです。

ナオミ、リノン仕様と2種のバリエーション機が発売されていますので、更新時には比較画像もアップしたいと考えています。



定価3,500円(税抜)



スポンサーサイト
CATEGORY : ZOIDS
DATE : 2015/05/23 (土)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ