FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

HMM ディバイソン トーマ仕様

2015.06.12 *Fri
「ビーク!メガロマックスファイヤー!」でおなじみのディバイソンです。
トーマ仕様とのことですが、そもそもトーマ仕様は通常版と比べて異なるポイントがわからないので、トーマが付属しているだけのようにも思えます。
旧ディバイソンは、対デスザウラー用に開発され、共和国ではおそらく初となる装甲付の操縦席となっています。キットとしても、角および脚部分が金属製であったそうです。このゾイドは、牛、突撃、大砲と素晴らしいコンセプトで、デザインも纏っており、美しいです。

アニメでは、トーマのほかにリノンも搭乗しました。
スラッシュゼロでは、すぐにガンスナイパーに乗り換えられてしまったように記憶していますが、人気アニメに採用され認知度も非常に高い機体であると思われます。
しかし、HMMのディバイソンは高価過ぎたのか、いつまでたっても売れ残っている印象です。近くの店にもずっと残っているし、ネットショップを見ても売り切れのほうが少ないように思われます。
そんなHMMディバイソンですが、作りは細かい点を除けば非常に頑丈で、仕上がりも本家をさらにバランスよくした雰囲気で素晴らしい出来となっているおすすめのゾイドです。ただ、何だか地味というのはあるのかもしれません。

以下、作成レビューです。
DSC00817.jpg


開封
DSC00816.jpg

砲台&胴
DSC00818.jpg



DSC00819.jpg
唯一パーツが取れる部分が、背中の砲台のクリアパーツです。
写真では、四角い空間になっていますが、本来、裏面からクリアパーツをはめ込みます。
しかし、保持力が微塵もないので、接着しない限り落ちて画像のように四角い穴が開いているだけになります。

全体
DSC00820.jpg
金属パーツはありませんが、どっしりとした質感やバランスは十分感じることができます。

あまりランナー
DSC00823.jpg
ディバイソンはこれが初めてのHMM化なので、あまりパーツはほぼないですね。

完成
DSC00822.jpg
トミーディバイソンがアメリカンバッファローなら、HMMは和牛という印象です。
トミーオリジナル版のほうが、とがっていて猛々しいというか、好戦的な印象です。それに比べ、HMM版はすっきり美しく、スタイルもいいのですが、野性的な魅力が失われ、大人しい印象を受けます。
HMMディバイソンの発売時には兵士&アーマードスーツ特典のキャンペーンが開催されていたようです。ゾイドは、意外と兵士やその他の兵器も充実しているところがまた面白いですね。

ところで、箱のイラストはリーゼに操られた兄シュバルツのコングとの戦闘シーンです。
室内のイラストだなとは思っていたのですが、全然気が付きませんでした。
アニメではそうでしたが、ディバイソン対コング、妄想するだけでもなかなか熱い戦いです。


定価:9,800円



記事内リンク 
HMMアイアンコング シュバルツ仕様
スポンサーサイト
CATEGORY : ZOIDS
DATE : 2015/06/12 (金)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。