FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

WORLD 02

2017.12.24 *Sun
体験版(ベータ)プレイしました。
シングルプレイを終わらせて少しトレモを挟んでマルチプレイとやってみました。

シングル
ロアルドロスのようなモンスターには、初操作でも楽々でした。
操作感覚、大剣のモーションがこれまでのモンハンと全く同じだったということが大きいように思います。
少し操作は変更されていますが、P式(ボタンでの攻撃操作)なので、スティック式が製品版で追加されるかがPS2時代のプレイヤーには気になるところかもしれないです。スティック操作は実装されなさそうですが・・・。

ボルボロスは、トライから強溜め斬り、横殴りが追加されたことを思い出し、更に追加の溜め斬り(真・溜め斬り)が追加されていることに気が付き、トレーニングモードで操作の確認を行った後、遊びました。
今回のモンハンはダメージが数値として表示されるので、通常の2~4倍のダメージがでる溜め斬りを当てないことには大剣を使う意味がないと思い、溜め斬りにこだわって戦うことにしました。
結果、2回ほど死ぬはめになり、うまく当たらない分、効率的には悪い戦い方になってしまいました。
この辺りは、やり込みにより相当程度改善しそうです。
そして、体験版の一番の大物戦では、一度目は時間切れ、二度目は割と余裕をもって倒すことができました。
やはり、初見の相手に溜め斬りをあてるのは難しかったようです。二度目は頭、おなか付近のダメージの通りがいい部分を狙うようにして戦った分、溜め攻撃よりもダメージ効率が上がったのでしょう。

マルチ
クイック検索で2回、その後部屋を立てて一度遊びました。
一度目は、ボルボロスに外国人(ホスト)と二人きり。討伐には成功したものの、ラグが結構ありました。
製品版では、外国人とプレイする選択肢はないように思いました。
二度目は、中国人のひとりごとボイスチャットが止められない何とも言いえない雰囲気の中でプレイ。
ラグは、一度目の人よりもなかったですが、そういえば、そもそもこのテストって海外でも同時にやっているのでしょうか?
三度目は、国内限定に設定して募集。
集まりが悪かったので3人揃ったところで開始しました。すると、メイン無視でレウスと戦いだす2人。
ある程度、プレイ済みなことはわかるし、レウスに行く気持ちは理解できますが、断りもなく、メインクエスト無視はどうなんでしょう。トライの時代から、マナーがという話はよくありましたが、最低限というものは必要なんじゃないでしょうか。
こういうことになるので、野良では人があまりいなかったのかもしれません。
ところで、今作は地図が複雑すぎて迷子になると現場に到達するまで相当の時間を要します。
各エリアがシームレスとなり、複雑化し、ギミックが追加されていることが一番の変化だと感じました。

以降は、ボイスチャットをしながら、マルチプレイ。
やはり、面白さが格段に上がることは言うまでもありません。
ただ、ドス時代を懐かしむと、文字チャットの良さ、野良でのいい出会いというのも面白要素に違いはないと思うのですが、今回はどのような環境になるのでしょう。

少し話題はそれますが、当初のフェイスブックはザッカーバーグ氏の友人の輪から始まり、次第にその友人の友人に輪が広がり、今に至っているという有名な話があります。
フェイスブックは好調に推移しており、大成功を収めているわけですが、日本にSNSや他者との繋がりのあるサービスの話を持ってくると、多くの場合、理想とはかけ離れた実態になったり、サービスとして失敗してしまうことが多いように思います。
ミクシィはSNSとしては終わってしまいましたし、ツイッターはバカッターとも言われています。
日本は村社会だから、コミュニケーションの取り方が下手な人が多い、閉ざされた考え方の人が多いなどの説明をされていることが多いですが、昔、ひろゆき氏が言っていた、面白い人が集まる、それを聞きつけた人が集まる、つまらない人が増える、つまらない人が幅を利かせる、面白い人が抜けていくという説明が日本の実態をよく表しているのかなと感じます。
さて、今回のモンハンはどのようになるのでしょうか。
PS2時代には、今ほどオンラインゲームが盛んではなかったことから、ある意味オンラインというものに知識がある人たちが多く、「良識のある人」「面白い人」が割合として多かったようにも感じますが、オンラインが一般的になった社会では新たなルールが出来上がっているのでしょうか。

トレーニングモード
大剣でのダメージ表示をまとめてみました。

武器:アギト 480 緑ゲージ 
攻撃対象:柱

・縦斬り 42 
・なぎ払い 23
・斬り上げ 33
・横殴り14
・タックル 22
・キック4
・飛び込みなぎ払い 63
・溜め斬り(2段階、溜めすぎ) 61
・溜め斬り(3) 81
・強溜め斬り 56
・強溜め斬り(2段階、溜めすぎ) 73
・強溜め斬り(3) 84
・強なぎ払い 51
・強なぎ払い(2段階、溜めすぎ) 57
・強なぎ払い(3) 67
・真・溜め斬り 17・157 
・真・溜め斬り(2段階、溜めすぎ) 17・162
・真・溜め斬り(3)19・188
※ジャンプ攻撃は割愛

ダメージには1~3程度の差が発生するようです。
攻撃のヒットタイミングや、武器の先端、中心等、昔のモンハンにあった設定と似たようなものがあるのでしょうか。 

真・溜め斬りの2回目の攻撃の威力が全武器中でも抜けて高いので、これをしっかりヒットさせたいところです。
注目は、タックルの22。なぎ払いと変わらない数値が出るうえに全体のフレームが短く、すべての溜め斬りはタックルでキャンセル可能ということで、うまく使いたい攻撃です。
その他、旧作よりも攻撃終了から次の攻撃までの入力猶予がかなり長く感じるので、ディレイと最速の攻撃を使い分けてうまく立ち回ることも重要になりそうです。

トライ以来となるモンハンですが、大剣に面白いモーションが増えているので、想像より楽しいです。
スポンサーサイト
CATEGORY : MHW
DATE : 2017/12/24 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。