FC2ブログ

DQ6 ランプのまおう

2019.06.09 *Sun
ようやく仲間になったランプの魔王

DSC_0256.jpg

時間的には、はぐれメタルのほうがかかったような気がしますが、精神的にはこちらのほうが疲れました。
出現率がはぐれメタルに比べて格段に低い。
10戦以上連続ででないこともしばしば。
くちぶえ、逃げる、くちぶえ、逃げる。これの繰り返しはかなりきます。

はぐれメタルの場合は、ドラクエプレイヤーなら出現した瞬間に、「よしでた!」という第一の感動。逃げなかった時には、「行けるかも!」という第二の感動。倒せたときには、「倒せた!」という第三の感動があります。
いつもドキドキしながら、成功を祈ることになるので、ちょっとした感動や気持ちよさが生じるのだと思います。
更に、ご褒美の経験値ボーナスによるレベルアップファンファーレなど、単純作業と言えども飽きにくい要素が盛り込まれています。
仲間にするということが目的なら、このうえに「今度は起き上がるか!?」という期待感まで上乗せされるため、確率のわりには、精神的に楽な部類でした。

しかし、ランプの魔王の場合、ボーナスモンスターではないくせに、単にでてこない。必ず倒せる。倒したからと言って何があるわけでもない。
単純作業を飽きさせない工夫がないというより作業を苦痛にさせる要素しかありません。
もちろん、最強の仲間モンスターではありますが、ここまでくると強さに特段の魅力はなく、ただ、カダブウを仲間にすることが目的になっているので、余計に早くこの作業を終えたいとの意識ばかりになります。
起き上がった瞬間には、感動よりもようやく終わったという解放感が味わえました。

さて、戦闘回数はまたしても数えてはいませんが概算では、

ドラゴンをマスター279回
その他何かしらの職業をマスター200回

ランプの魔王戦のみ戦っていてこれぐらい熟練度があがったので、450~500回目の戦闘で仲間になったように思います。
1/256から見れば、運はよくはないですね。

因みに、気分転換で訪れた火山エリアで仲間にしましたが、出現率はこの手前のエリア(井戸の次のエリア)のほうが高かったです。
火山エリアでは10回に1回クラスがざらにある感じでした。
ただでてきたときに、ランプの魔王のみなので最後に倒すと・・・という迷信を信じるならこっちのほうがいいかもです。
DSC_0258.jpg

ドラクエ6は残すところ、

頑張って仲間にしたはぐれメタルとカダブウの育成。
その他のモンスターの育成。
ドレアムからはぐれメタルのさとり集め。
スライム格闘場をだれでクリアするか。
小さなメダル集め。

折角なので、少なくともこれくらいはきっちりやり込んで終えたいと思います。
スポンサーサイト
CATEGORY : 未分類
DATE : 2019/06/09 (日)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © Ringo.5の足跡 All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

ドンドルマ時計



フリーエリア





カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



プロフィール

ringo.5

Author:ringo.5


超長文仕様の当ブログにようこそ!

嘗てはシンシア自由区2-31番地を拠点としていた元大剣使いの狩猟記録です。
※ ヨーガ奇跡の業の修練も終了


新ブログはじめました。
今日のトレモ



最近の記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最近のコメント



リンク


   MH Offcial Portal Site




訪問者



検索フォーム



Mozilla Firefox ブラウザ無料ダウンロード



RSSフィード





モンハン・ブログ